その他
【ジャニーズ研究会レポート】

大野智の『世界一難しい恋』でのベッドシーンに、ファンは“別の意味で”悶絶!

 4月13日からスタートした、嵐・大野智の主演ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)、通称“セカムズ”。放送開始から現在まで、視聴率は11~13%台をキープしており、春クールのドラマの中でも特に好調だ。

 5月25日に放送された第7話では、6話よりも1.3ポイント上げて13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率を記録。“中だるみ”となってしまいそうな時期だが、むしろ視聴率は跳ね上がった。実はこれにはワケがある。ファンが以前からずっと楽しみにしていたのが、第7話なのだ。

 アリーナツアー『ARASHI“Japonism Show” in ARENA』の5月7日の広島グリーンアリーナ公演でのこと。MCでは“セカムズ”の話になったのだそう。ちょうど第7話の台本を楽屋で読んでいたという大野に対し、松本潤がどんな話なのかを尋ねると、「ベッドシーンです」と答えたのだとか。メンバーは「ウソだ!」「信じない!」と疑っていたようだが、この話を知ったファンの中には、ショックを受けてしまう人や「風邪をひくとか……?」と、意外な展開を予想する人などが現れた。この時点では第4話の放送が終わったところだったので、しばらく“ベッドシーン”はおあずけとなっていたのだ。

 そして、ファンの不安と期待が入り混じった第7話。大野演じる鮫島零治の自宅へやってきた柴山美咲(波瑠)。2人はお酒を飲みながら会話を楽しみ、いい雰囲気に。が、時間を気にして帰宅すると言う美咲。はじめは「タクシーを呼ぼう」と帰す気だった零治だが、「別にウチに泊まったっていいんだ。こんな夜中にわざわざ帰ることもないし、明日は仕事も休みだ」と、名残惜しくなったのか、美咲を引き止める。そして、2人は同じ寝室で寝ることになるのだが……美咲は零治のベッドの下に敷かれた布団で、一晩過ごすことになるのだった。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!