その他
【ジャニーズ研究会レポート】

大野智の『世界一難しい恋』でのベッドシーンに、ファンは“別の意味で”悶絶!

 4月13日からスタートした、嵐・大野智の主演ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)、通称“セカムズ”。放送開始から現在まで、視聴率は11~13%台をキープしており、春クールのドラマの中でも特に好調だ。

 5月25日に放送された第7話では、6話よりも1.3ポイント上げて13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率を記録。“中だるみ”となってしまいそうな時期だが、むしろ視聴率は跳ね上がった。実はこれにはワケがある。ファンが以前からずっと楽しみにしていたのが、第7話なのだ。

 アリーナツアー『ARASHI“Japonism Show” in ARENA』の5月7日の広島グリーンアリーナ公演でのこと。MCでは“セカムズ”の話になったのだそう。ちょうど第7話の台本を楽屋で読んでいたという大野に対し、松本潤がどんな話なのかを尋ねると、「ベッドシーンです」と答えたのだとか。メンバーは「ウソだ!」「信じない!」と疑っていたようだが、この話を知ったファンの中には、ショックを受けてしまう人や「風邪をひくとか……?」と、意外な展開を予想する人などが現れた。この時点では第4話の放送が終わったところだったので、しばらく“ベッドシーン”はおあずけとなっていたのだ。

 そして、ファンの不安と期待が入り混じった第7話。大野演じる鮫島零治の自宅へやってきた柴山美咲(波瑠)。2人はお酒を飲みながら会話を楽しみ、いい雰囲気に。が、時間を気にして帰宅すると言う美咲。はじめは「タクシーを呼ぼう」と帰す気だった零治だが、「別にウチに泊まったっていいんだ。こんな夜中にわざわざ帰ることもないし、明日は仕事も休みだ」と、名残惜しくなったのか、美咲を引き止める。そして、2人は同じ寝室で寝ることになるのだが……美咲は零治のベッドの下に敷かれた布団で、一晩過ごすことになるのだった。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク