その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「中居の暴言にスタジオ悲鳴」というネットニュースは異次元の話? ファンはむしろ興奮中

「中居の暴言にスタジオ悲鳴」というネットニュースは異次元の話? ファンはむしろ興奮中

 かねてから、ファンに対し「オレは雲の上の存在」と言い切るなど、“塩対応キャラ”で知られているSMAP中居正広。先日はテレビ番組でファンレターは「読まない」と発言し、一部視聴者からは「ファンがかわいそう」などとドン引きされていたものの、当の中居ファンは全く異なる反応を見せていた。  5月24日に放送された『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、お笑い芸人・劇団ひとりが女優・小雪にファンレターを送り、返信をもらったというエピソードを告白。この話から、劇団ひとりが「手紙に返事書いたことあります?」と質問すると、中居は「ない」と即答。「若いころだったら時間もあるじゃないですか」という質問にも、「ファンレター読まない」「読むフリはするよ」と断言し、「やるよ。ラジオとかで『みなさんの手紙が僕のエネルギーの源になり、こうやってやってます』って。『みなさんの笑顔が』云々かんぬんってこと言うけども、全部ウソだよね」と、暴走トーク。出演者は「今のがウソですよ」(劇団ひとり)、「(中居は)シャイですからね」(平成ノブシコブシ・吉村崇)などとフォローし、ナレーションでも「いつもの“ツンデレ”館長が出たところで……」と受け流されていたのだった。  中居の発言にスタジオの観客からは「えー!」という声が漏れており、一部ネットニュースでは「観覧客は『えー!』とブーイング」「スタジオ悲鳴」などと伝えていた。普通のアイドルファンなら興ざめしてしまいそうな中居の発言だが、ファンは「『ファンレター読まない』って中居さんのツンデレ発言、世間は普通に捉えちゃうのね。私は大喜びだったけど」「中居さんが言ったことが記事になって『ひどい!』とか言ってる人いる。ファンは『いつものツンデレ出た』としか思ってません」「ツンデレは中居くんの常套手段」と、冷静。ショックを受けるというよりも、ファンはこうした“ツンツン”発言に慣れ、むしろ興奮している人の方が多いようだ。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「中居の暴言にスタジオ悲鳴」というネットニュースは異次元の話? ファンはむしろ興奮中のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  3. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  4. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  5. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  6. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  7. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  8. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  9. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  10. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  11. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  12. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  13. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  14. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  15. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  16. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  17. ラルク20周年展をファンが批難
  18. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  19. 「オワコン女優」認定の3人は?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  4. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  5. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感

カルチャーの人気記事

  1. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  2. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり