その他

合わない靴でひざを痛めた人や運動不足の人にも! 「ろっかん式 ひざらくらく指圧バンド」をプレゼント

hizarakurakushiatsu.jpg
「ろっかん式 ひざらくらく指圧バンド」(主婦と生活社)

 テレビの通販番組では毎日のように、ひざの痛みに悩む中高年に向けたサプリメント商品が紹介されるご時勢。20~40代のサイゾーウーマン読者としては、まだまだ他人事だと思っている人も多いのでは? でも厚生労働省の調べでは、ひざの痛みに自覚がある人は約1,000万人、潜在的な患者数は約3,000万人とも言われ、もしかしたらあなたも知らぬうちにひざに“爆弾”を抱えているかもしれません。

 痛みの主な要因としては、変形性ひざ関節症というように名前がつくようなものもありますが、「登山・旅行など、一時的な肉体・ひざの酷使」「O脚・X脚の影響」「運動不足、加齢による筋肉の衰え」「無理な姿勢、合わない靴」という日常生活の延長が要因となるものもあり、サイゾーウーマン読者の心当たりとなるものも。

 ひざの痛みや違和感をやわらげるときには、筋肉をまとめ、血行をよくするのがベター。そのためには、適度な運動やマッサージが推奨されますが、ものぐさな人・多忙な人はそれすら億劫。そんなときにおススメなのが、バンド付ムック「ろっかん式 ひざらくらく指圧バンド」(主婦と生活社)です。

 これは、モデルやタレントらの“救世主”として度々マスコミにも取り上げられる、整体師・プロポーションデザイナーの清水ろっかん氏が監修し、サポーター製造販売のパイオニア「D&M」と共同開発したもの。バンドをまくだけで患部に指圧し、筋肉のこわばりを解消できるような効果も。指圧パッドは2種類入っており、状態によって代えることが可能。また実際にどの部分を注意してバンドを巻くべきか、本書でわかりやすく解説しています。

 今回はこちらのムックを5人にプレゼント! 立ち仕事の方、登山を始めた方、運動不足を自覚している方、合わない靴をがんばって履いている方ら、ひざ痛の“予備軍”はふるってご応募ください。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー