【うわさの会見場から】

押切もえ、「山本周五郎賞」次点で会見大荒れ! 「冗談だろ」「レベル低い」の声飛ぶ惨状に!?

2016oshikiriblog.jpg
押切もえオフィシャルブログより

 モデル・押切もえの小説『永遠とは違う一日』(新潮社)がノミネートされ、例年になく盛り上がった「第29回山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)。湊かなえの『ユートピア』(集英社)が受賞したものの、16日に行われた選考結果の発表会見では、押切の作品が湊に続く次点で、しかも湊と0.5ポイント差という僅差だったことが明らかになった。押切がただの“客寄せパンダ”ではなく、実力派であると証明されたかたちだが、この結果に文芸担当記者らは冷たい反応を示していたようだ。

「選考委員の佐々木譲氏が会見を行い、『湊さんのほかにもう1人、有力な方がいました。押切もえさんです』と話した瞬間、会見場では『冗談だろ』というような笑いが起こってしまいました。『どこがよかったのか?』と質問が飛ぶと『文芸の世界ではないところの人なのにうまい』『2作目なのにうまい』と、どうも曖昧な答えが続き……。佐々木氏の『W受賞でもいいのではないか、という意見もありました』という発言にいたっては、あからさまなため息も聞こえ、会場がしらけムードに包まれていました」(スポーツ紙記者)


 昨年、ピース・又吉直樹の『火花』(文藝春秋)が芥川賞を受賞し、同作が大ベストセラーになったことは記憶に新しい。今作についても「どうせ話題づくり」「二匹目のドジョウを狙おうという魂胆だろう」と押切の思惑を決めつけていた文芸記者にとっては、意外すぎる高評価が腹に据えかねたのだろうか?

「その後も質問はエスカレート。『押切にマイナスの評価をした選考委員はいなかったのか』、『新人の押切が、突然候補入りしたのはなぜか。そこまで飛び抜けた才能があると思うか』、『今回はレベルが低かったということか』などキツイ質問も飛び交いました。佐々木氏によれば、選考委員全員が押切の作品を『2作目でここまで書けるのは大変な才能だ』と絶賛したそう。疑問点や改善した方がいい点などを指摘する人も出なかったそうで、『そんなことあり得るのか』と逆にいぶかしがる声が上がっていました」(同)

 受賞を逃した作品が、名だたる選考委員にここまで手放しで称賛されるのは初めてのことではないだろうか。押切の次回作に注目が集まることは間違いないため、今後まさに小説家・押切もえの真価が問われようとしている。

み~んな押切もえに夢中ね!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク