[ジャニーズ・メディアの裏側]

Hey!Say!JUMP・中島裕翔、“泥酔事件”を事務所が報道規制!? 7月期「主演ドラマ」の行方は?

2016yuto_car.jpg
鬼の形相のジュリーが背後に憑いてます

 5月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ・Hey!Say!JUMPの中島裕翔が泥酔騒動を起こし、警察沙汰になっていたことをスクープした。中島は、7月スタートの連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)で単独主演が決まっているが、現在、局やスポンサーと事務所が協議中と報じられており、ファンの間では、中島主演ドラマの行方が不安視されている。

 「文春」によれば、中島がトラブルを起こしたのは4月1日の早朝。30代の女性会社員から「路上で男性に抱き付かれるなどした」と通報を受けた警察官が現場に駆けつけたところ、泥酔状態の中島がいたという。

「女性は被害届を出さなかったそうなので、『事件化する可能性はほぼない』と伝えられていますが、当然ファンの間には大きな衝撃が走りました。中島は4月11日発売の『週刊ポスト』(小学館)で、吉田羊との“20歳差恋愛”を報じられたばかり。それに加えて今回の警察沙汰とあって、活動休止など、何らかのペナルティが科せられるのは確実でしょう」(芸能プロ関係者)

 「文春」が記事をネット配信した直後から、ファンの間で「せっかく決まっていたドラマはどうなるの?」「主役でみんなをまとめる立場なのに、こんなことして、裕翔にはガッカリだよ……」「ストレスが溜まるのはわかるけど、JUMPのイメージダウンになるからしっかりして!」といった声が噴出している。

「しかし、現実問題としてドラマの撮影はすでに始まっており、今さら中島の代役を立てるとは考えにくい。これと似たケースで、山下智久が2014年、東京・六本木の路上で一般人とトラブルになり、器物損壊の疑いで書類送検された事件がありましたが、その場にいた関ジャニ∞・錦戸亮には、特にお咎めはなく、『ごめんね青春!』(TBS系)で主演を務めました。当時ジャニーズは、各報道機関に錦戸の名を出さないよう圧力をかけていたようですが、今回の中島の一件も同様に、スポーツ紙やテレビ局に対して『スルーでお願いね』と要請を入れているそうです」(同)

 中島の騒動で、迷惑を被るかたちとなったフジサイドは、さぞかし怒り心頭と思いきや、視聴率が低迷しているだけに、ジャニーズに対して何も言えない状況だという。

「『HOPE』が放送される日曜夜9時枠は、“大爆死”枠。現在放送中の芦田愛菜&シャーロット・ケイト・フォックスW主演の『OUR HOUSE』は、3%台を出すなど低迷が続いていることから、フジもジャニーズに対して、強気に出られないという背景もあるようです。中島に関しては、ジャニーズ内で何らかの処分を受けることはあっても、連ドラ主演が白紙になるといった事態に陥ることはないでしょう」(同)

 ファンにとってはひと安心かもしれないが、立て続けに騒動を起こしてしまった中島には、しっかりと気を引き締めてもらいたいところだ。

ジュリーのおしおきって怖そう……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!