仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

女子アナ・加藤綾子に欠けているモノ――「有働アナに嫉妬しました」発言の迂闊さ

女子アナ・加藤綾子に欠けているモノ――「有働アナに嫉妬しました」発言の迂闊さ

 自己満足ではない、行き届いた優しさには“悪意”が必要と前回書いたが、“悪意”の含有量が一番重要なのは、女子アナという職業ではないだろうが。芸能人と一緒にテレビに出て、親しくなることもあるだろうが、芸能人ではないので表向きは馴れ馴れしくしてはいけない。派手な職業に見えるけれど、自分は一会社員であるので、視聴者と同じ側の人間であると思わせなければならない。このように、視聴者の“悪意”を先読みして行動するためには、自分自身も“悪意”を持つ必要がある。そういう“悪意”が足りなすぎるように見えるのが、元フジテレビアナウンサー・カトパンこと加藤綾子である。 ...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

女子アナ・加藤綾子に欠けているモノ――「有働アナに嫉妬しました」発言の迂闊さのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 加藤綾子女のためのテレビ深読み週報有働由美子のニュースならサイゾーウーマンへ!