角川慶子の「シロウトで保育園作りました」第112回

通学中に騒いで反省文、クラス名簿の住所欄は削除……私立小学校の危機管理はさすが!

kadokawa112.jpg
先生が1人お休みだった日に、久しぶりに保育に入りました。自分の子の時はゆったり構えられなかったけど、先生目線だと冷静に見れるので、いまなら最高の子育てができるのかも! 時すでに遅し(笑)

 4月入園の子どもたちが「駒沢の森こども園」での生活に徐々に慣れてきました。そして、私自身も“小学3年生の親”という生活にも慣れてきました。
 
 我が娘の今年度担任の先生は、学年主任&生活主任でもあるので、けっこう厳しいです(笑)。先日も、「ほかのクラスの友達と通学中に騒いでいた」と電話が掛かってきて、娘が反省文を書かされました。

 先生の話、娘の話を合わせると、「騒ぐのが普通になっていると、外で騒いだとき、『うるさい!』と周りの大人にキレられて、暴力を振るわれる事故に遭うかもしれない」という理由で怒られたようです。先生から「○○(娘)ちゃんはテレビに出ていますから、騒いで周りの大人に目をつけられたくないんです」「子どもたちは毎日同じ時間の電車やバスに乗りますから」とも言われました。納得&反省です。娘も反省し、一緒に騒いでいた友達3人と、「もう騒がない」と約束をしたそうです(←全員の親に電話あり)。

 「手は離れても、目を離すな」。去年の夏休み前に、担任の先生が保護者会で言った言葉です。小学生になると、自分でできることも増え、どんどん親の手から離れていきます。私立校ということもあり、朝学校に出したら、夕方5時半くらいまで帰ってきません。クラブ活動を始めたお子さんは、もっと遅くなっているし、親子の時間はとても短いのです。

 確かにラクできるようになりましたが、その分、危険もいっぱいなのです。世の中には子ども嫌いの人もいるし、性的なターゲットになる危険性もあります(男女問わず!)。そのあたりのことを、私も婿も娘に教えているし、暗くなる時間帯は絶対に迎えに行くようにしています。学校でも同じ取り組みをしているようなので、安心しました。危険なのは子どもが1人になった時です。最寄り駅から自宅までが一番注意です。以前、田園調布で誘拐があったのですが、捕まったとき犯人が「田園調布なら身代金が取れると思った」と言っていました。おー怖っ。

セレブの子はたくましいですから!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー