芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

dokutacar.jpg
『ドクターカー』(日本テレビ系)公式サイトより

 深夜ドラマとあって、大きな話題にはなっていないが、剛力彩芽が“低視聴率女優”ぶりをいかんなく発揮している。剛力にとって、昨年4月期『天使と悪魔~未解決事件匿名交渉課~』(テレビ朝日系)以来、1年ぶりの地上波連ドラでの主演作となった『ドクターカー~絶体絶命を救え~』(日本テレビ系/木曜午後11時59分~)が低空飛行を続けているのだ。

 同枠ドラマの平均視聴率はおおむね4%台、人気ドラマの場合、単話視聴率が5%を超えることもある。そんな中『ドクターカー』は初回こそ4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったが、第2話では3.2%と降下。以降、第3話が3.6%、第4話が3.2%、第5話が3.6%と4週連続3%台の低視聴率。第5話までの平均は3.62%という低迷ぶりだ。

 前期の同枠ドラマは、芸人・小籔千豊が初めて連ドラ主演を務めた『マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!~』で、平均3.7%だった。こちらも「低迷している」といわれていたが、『ドクターカー』は現時点で、小籔主演ドラマより、視聴率が低いという惨状である。

 そもそも実年齢23歳の剛力が、「バツイチで5歳の子どもを持つ新人医師役」という設定の役を演じている時点で、無理があるのかもしれない。所属のオスカープロモーションがドラマの制作協力をしているため、“ゴリ押し”によるキャスティングの可能性もありそうだ。

 ネット上での視聴者の反応も、「しばらく見なかった剛力の演技が、少しは成長してるかと思ったけど、相変わらずひどい。ドラマの内容もつまらない」「剛力に子持ちって設定は無理。こんな演技で主役張ってるのが不思議」「一刻を争う判断を要求されるドクターカーの最前線の現場で、新米医師が大活躍って説得力なさすぎ。剛力は医者には見えない」といった調子で冷めた声が多い。また、剛力の事務所の先輩にあたる笛木優子の存在感に着目する視聴者も多いようで、「剛力より笛木が主役の方がよかったのでは?」といった声も出ている。

 『ドクターカー』がこのまま低視聴率で終了するようなら、剛力の主演・ヒロインは厳しくなりそう。そろそろ“脇役”への方向転換をした方が賢明かもしれない。
(森田英雄)

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!