悲壮感あふれすぎ……

『ラヴソング』月9最低6.8%! 福山雅治は「食わず嫌いの人いる」と“言い訳”コメント!?

1605_rabusongu_01.jpg
『ラヴソング』(フジテレビ系)公式サイトより

 福山雅治が結婚後初の主演を務める月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)の第6話が16日に放送され、視聴率が6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の大爆死となった。これは2014年の尾野真千子主演ドラマ『極悪がんぼ』(フジテレビ系)の第10話が保持していた、単話における月9史上最低視聴率記録7.8%を下回る記録で、ネット上では「福山の時代は終わったな」「これで普通のおじさんの仲間入り」「今までお疲れ様でした」と厳しい声が上がっている。

「前クールの有村架純&高良健吾W主演『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)が、全話平均視聴率9.7%という月9史上ワーストの記録を打ち出してしまったことにより、『ラヴソング』は局の期待を一身に背負っていました。業界関係者の間でも『ネットでの前評判は決してよくないが、なんだかんだ福山主演だし、数字は取るだろう』といわれてきたんです。しかし、案の定この大爆死で、ネット上では『福山の恋愛ドラマとか、もう無理』『福山はもう終わり』などと言われる始末です」(芸能ライター)

『ラヴソング』は初回10.6%、第2話が9.1%、第3話が9.4%、第4話8.5%、第5話8.4%、第6話が6.8%で、現在までの平均は8.8%。全話平均視聴率でもワースト記録を更新してしまう可能性はかなり高い。

「この結果に福山は、14日放送のラジオ番組『福山雅治 福のラジオ』(TOKYO FM)で、『もうどうすればいいの、教えて、どうやったら上がるの?』と弱音を吐き、『そりゃ数字は気にします』と本音を明かしました。さらに『(制作側の)俺たちはまだいいけど、好きで見ている人が心配になるんじゃないか。大丈夫みんな? 自信持って見ていいんだから』と、ファンを励ましていましたね」(同)

 すっかり意気消沈の福山に、この日ラジオに出演していたフリーアナウンサーの荘口彰久氏は、「今視聴率が取れるドラマは1話完結」「『ラヴソング』は骨太のつながっていくドラマだから」と声をかけたが、福山は「それは『ガリレオ』で検証済みですから、我々は知ってますから」ときっぱり返していた。

「その後、漫画『子連れ狼』(双葉社)の原作などで知られる小池一夫氏が『「ラヴソング」をTwitterで褒めてましたから』と、福山はドラマを擁護。また、荘口にも『ドラマ感想もいいけど、もっと前向きな(ツイートをして)』と懇願していました。かなり必死な様子が伝わってきて、痛々しさすら感じるほどですよ。『あの大物の福山が……』と思う人も少なくないのではないでしょうか」(同)

 ほかにも、「世の中には食わず嫌いで見ていない人がたくさんいる」「ドラマ放送中はTwitterのハッシュタグランキングが1位になる」「誰かに話をしたくなるドラマであることは間違いない」など、「低視聴率の言い訳や、ファンは多いということを猛アピールしていた」(同)という福山。『ラブソング』公式Twitterでも、ドラマを称賛するネットニュースをリツイートしているが、果たしてこの努力は報われるのだろうか?

フジ、風水に頼って噴水作ってからさらに落ち目に

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー