[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」6月号

女性誌最大のタブー! 「CLASSY.」の着回し企画で、10kg増を目指す劇団員女が主人公に

classy1606.jpg
「CLASSY.」2016年6月号(光文社)

 今月号の「CLASSY.」(光文社)特集は「もう、デニムのないオシャレなんて。」です。「まーたーデーニームーかーーい!」と思わず心が叫んでしまいましたが、前回のデニム特集は昨年4月号でしたので、約1年ぶりの登場ですね。

 ベーシックやらシャツやらワントーンコーデやらスニーカーやらシンプルカジュアル特集が続いているからか、それに必ず登場するデニムも少々食傷気味。そんなもたれた胃にスパイスを与えてくれる記事が、「インスタ映えする小物、集めました」です。「インスタで注目を集めるなら、みんなが思わずいいね! を押しちゃう、インパクトが肝心!」ということで、あなたのインスタグラムをランクアップさせるド派手グッズが大集合。パイナップルが全面にプリントされたバッグ、ピザ型のショルダーバッグはわざわざお皿に載せてwithナイフとフォーク、サボテン柄のビキニとサボテンバッグ……ハッシュタグに「#JKMZ」(※自己満足のこと)とつければ無粋なツッコミも防げるそう。ファッションでは悪目立ちを嫌がるのに、SNSでは自己主張したい……「CLASSY.」女子たちの歪んだ自意識が垣間見えます。しかし、「#tequila」と投稿したいがために、5万4,000円のテキーラバッグと2万4,000円のソンブレロ(メキシコのつば広帽子)を買えるのか、それが問題だ。

<トピックス>
◎インスタ映えする小物、集めました
◎特集 もう、デニムのないオシャレなんて。
◎金言それとも暴言? 男の本音カルタ

■「CLASSY.」がふくよか路線に乗ってきた!

 巻頭特集に戻りましょう。「ヘルシーで、カッコよくて、今っぽい。でも、女らさしさもちゃんとあって、カジュアルなのに大人っぽくて…。私たちが思い描く理想のスタイルを全部詰め込んだら、それはやっぱり“デニム”のオシャレに行き着きます」という特集のリードですが、これはデニムを“シャツ”にしても“ベーシック”にしても成立してしまう恐ろしき名文です。

 今号のデニム特集では「モテる3大デニム」として、「スキニー」「白」「ガールフレンド」を推しています。「スラッと美脚に見えて女らしいシルエットのスキニー」で、まずは「出会い」をつかみ、さわやかさ満点の「白デニム×白トップスの“全身白”」スタイルで初デートに臨み、「リラックス感のあるちょいゆるデニム」の親近感で彼女の座をゲットするという簡単スリーステップ。まるで食虫植物が獲物をおびき寄せ捕獲するような美しい流れです。

「女の魂胆まるわかり」のクセにモテないって、終わってるだろ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー