その他
【ジャニーズ研究会レポート】

自らラップ追加を指示するも、A.B.C-Zの新曲がジャニーさんの許可なくラジオ初披露!

 6月22日にCDシングル「Take a “5” Train」のリリースを発表したA.B.C-Z。約9カ月ぶり、2枚目のCDシングルは、初回限定盤A・Bと、通常盤の3形態が発売される。初回限定盤Aには、ミュージッククリップと好評企画『ダンシング五関先生のダンス教室3限目』、初回限定盤Bには、ミュージッククリップのメイキングと、『A.B.C-Zの30minチャレンジ ~ただいま“Music Clip 撮影中”~』と題した新企画が収録されたDVDが、それぞれ特典として封入される予定だ。

 5月14日に放送されたラジオ『A.B.C-Z Go! Go! 5』(FM NACK5)では、その新曲をいち早く公開。パーソナリティーを務めた戸塚祥太、河合郁人、五関晃一が、新曲においてジャニー喜多川社長が持っていた“こだわり”について語った。

 ジャニーズをこよなく愛する河合が、ジャニーズに関する“ショナイ話(ナイショ話)”をマニアックな視点でぶっちゃける新コーナー『河合郁人のジャニーズマニア』が今週からスタートした。他では聞けない初公開の話もあるようで、「大丈夫ですか?」と戸塚・五関に心配される河合だが、「全部責任僕です」ときっぱり。「今度の舞台より、これに命かけてます!」と、“ジャニーズ大好きジャニーズ”である河合の意気込みが感じられるコーナーのようだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク