奥さんはこの放送を見ているのか?

ベッキー、『金スマ』での号泣謝罪は「成功」! ネットは「最も悪いのはゲス川谷」の論調に

beki_megane.jpg
大丈夫、激ヤセではなかったよ?

 ゲスの極み乙女。川谷絵音との不倫騒動で活動を休止していたベッキーが、13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、104日ぶりにテレビ出演を果たした。番組冒頭、SMAP・中居正広とツーショットでトークを行うシーンが約6分間放送され、ナレーションで、これは4月30日に撮影したものであること、そしてベッキーはその2日後の5月1日に、川谷の元妻と2人で会い、謝罪をしたことが説明された。また、「(川谷の元妻が)謝罪を受け付けてくれるまで放送はしないと」いう約束で、当日の収録は行われたという。

 その後番組は、ベッキー以外の番組レギュラー陣が参加する、恒例のロケ企画「ひとり農業」へと移り、中居らが田植えや収穫をする様子が放送された。再びベッキーが登場したのは、放送開始から約25分後。収穫した野菜で料理を作るところから、同ロケに途中参加し、視聴者や関係者に「この度は私事で申し訳ございませんでした」と謝罪。中居は「俺もジタバタしてたけど」と、SMAP分裂騒動を絡めて、ベッキーを茶化していた。

 そして番組後半、中居とベッキーの2人きりでのトークが放送された。中居は「ウソは言ってほしくない」と約束させた上で、騒動について深く突っ込んでいった。ベッキーは川谷を“男性”と表現し、固有名詞は一切出さなかったが、謹慎中に何がつらかったと問われると「こういう恋愛ができないかな、と思い描いたものと現実が違ったこと」などと話し、以前記者会見で強調していた“友人関係”を撤回。「奥様がいる男性が好きになってしまって、その奥様を深く傷つけてしまいました」と謝罪した。

 すでに川谷への気持ちは一切ないというベッキーだが、それでも「正直報道が落ち着いたら、何カ月後かにまた出会って恋が始まるかな……という思いもありました。ただ、奥様の気持ちを知って、自分の罪の重さを知って、これはダメだと」と、当時の心情を吐露していた。

「当初は川谷の元妻への謝罪と、言い訳に徹していたベッキーですが、中居がそれをうまく崩していった印象です。『正式には付き合っていない』という主張に『旅行に行って、付き合ってないっていうのは通用しないんじゃないか』と疑問をぶつけ、ベッキーから『不倫だと思います』という言葉を引き出したり、流出したLINEのやりとりが本当だったこと、また暗にですが肉体関係があったこと、そして川谷への好意を認めさせるなど、真実を“吐かせた”のではないでしょうか。ベッキーは途中から涙を流していましたが、それも中居の言葉に感情が揺さぶられたからかもしれません」(テレビ局関係者)

ネット上では、ベッキーの謝罪に対して、賛否両論が巻き起こっている。「今話していることを最初に言ってれば、世間の印象はまた違ったかもしれないのに」「恋は脳を麻痺させるから」といったベッキーを擁護する声もあれば、「泣いたのがあざとかった」「『私が私が!』感はやっぱりすごかった」といった否定的な声もある。

「それでも、批判が噴出する流れにならなかっただけでも、ベッキー側は胸をなで下ろしているかもしれません。中でも注目すべきは、『ベッキーも最低だけど、もっと最低なのは川谷』『どうして川谷は謝罪しないの?』といった声が多数見受けられることです。 “一番の悪いのは川谷”という風潮に持って行けたという意味では、賛否両論こそあれど、放送としては“成功”といえるでしょう」(同)

 「可能であれば」とことわりながら、テレビ復帰への思いを口にしていたベッキー。放送前、テレビ局関係者は、ベッキーの起用について「『金スマ』次第」と語る者も多かったが、果たしてベッキーは本格的に復帰できるのだろうか? 週明けに発表される視聴率を含めて注目したい。

中居くんの、一瞬ためてからの「すっげえ好きだったのに」に震えた

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー