ベッキー、四面楚歌!!

ベッキー、『金スマ』復帰で犯した“ルール違反”! TBSが放送前から大激怒のワケ

bekkygesuline.jpg
「心の星」/EMIミュージックジャパン

 13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TSB系)で、休業以来104日ぶりにテレビ復帰するベッキー。放送前から、各メディアがその舞台裏を報道し、ゲスの極み乙女。川谷絵音の元妻への直接謝罪に賛否が飛び交う中、復帰舞台を用意したTBSは、ベッキーや所属のサンミュージックサイドに、激怒しているのだという。

『金スマ』では昨年4月、薬物疑惑が報じられていた清原和博が出演した際に、16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。今回のベッキーも、当然高視聴率が見込まれている。さらにこの日の番組ラテ欄に、「でも約束だよベッキー!今日は嘘をついたらダメだよ」と書かれていることもネット上で話題になり、早くも関心の高さが窺える。

「しかし、番組出演の第一報がスポーツ紙で報じられた際、TBS関係者の中には怒りを露わにする者も多かった。その理由は、スポーツ紙の復帰報道はTBSが意図したものではなく、だまし討のようなスッパ抜きだったからです」(テレビ局関係者)

 ベッキーの『金スマ』出演は10日付の「スポーツニッポン」で報じられ、その翌日には各紙がこぞって「先月すでに収録済み」「川谷の妻に謝罪も行っている」など続報を掲載。TBSの正式発表は放送前日の12日で、たった1枚のFAXに「番組では、ベッキーさんご自身が、これまでの経緯を語っておられます」と記すのみの、実にあっさりとものだった。

「このどこか投げやりにも思える文章からも、TBSサイドのいら立ちが伝わってきます。なんでも、今回のベッキー出演に関する情報漏えいによって、準備前から視聴者から苦情や問い合わせが殺到し、局内には混乱が広がったそうなんです。しかもこの情報を流したのは、ベッキー所属のサンミュージックだったといわれています」(同)

 一部スポーツ紙の中には、番組のスタッフに直撃を試みる社もあったが、「当然、TBS関係者は一切情報を漏らしていません。ところが、サンミュージックの幹部とパイプがある媒体には、ことごとく情報が漏れてしまっていた。こうして、『金スマ復帰』は即座に事実として広まってしまったんです」(同)。

 ベッキーの復帰舞台を整えたTBSとの関係にまで亀裂を走らせたベッキー。本来決定していたはずの日本テレビの復帰舞台も、自らの不義理で消滅させてしまった(既報)とあって、テレビ局側からも批判を浴びる事態となってしまった。果たして『金スマ』では、この四面楚歌の状況を打破できるのだろうか?

タレント再生工場・中居くんの腕が鳴る案件ね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと