【エロメン☆タイム】夜這いに挑戦する一徹のビビりな素顔が可愛いすぎる!

 さわやかなルックスのみならず、女心をくすぐるセックスを体現してくれると大人気のエロメン・一徹。そんな彼の素の表情を見てみたいと思いませんか? 「もちろん!」という人は、いますぐ「DMM.com」にGO!!

 『一徹×アキノリ 突然夜這いしに行く一徹』は、タイトル通り一徹が夜這いを仕掛けるというコンセプト。ニセの撮影のためにマンションの一室に待機しているAV女優の白咲碧ちゃんに、一徹が突撃することになったのですが……。

◎キングオブエロメンの緊張

 今回の企画を知らされた段階で「大丈夫ですか、本当に……」と不安を隠せない一徹。そうこうしているうちに碧ちゃんはぐっすりと眠ってしまい、夜這い可能なシチュエーションが整います。意を決して碧ちゃんが眠るマンションの一室まで向かった一徹ですが、結局「無理、無理、無理、無理!!」と引き返すハメに……。チキンでビビりな一徹に萌え~。

 「碧ちゃんと面識のあるアキノリ監督が同行してくれれば何かあっても大丈夫」とのことで、今度は一徹とアキノリ監督の2人で向かうことに。物音を立てないように静かに部屋に入る2人。ベッドで眠る碧ちゃんの姿を確認しますが、ここでもビビりな一徹、なかなか事を進められません。

 布団をめくると、シャツを着て下半身はパンツのみという碧ちゃんの姿が。恐る恐るシャツの上から胸を触ってみますが、彼女が寝返りを打つとすぐに離れる一徹。碧ちゃんが起きないように注意しながら、シャツのボタンを外し、直に胸に触れていきます。

 と、ここでスマホの通知音が!! 一徹はまたもやビビり、ベッドから降りてしまいます。碧ちゃんがまだ眠っていることを確認し、ふたたびベッドに上がった一徹。ブラをずらして乳首を触ったりと、徐々に大胆になってきました。

◎本気で気まずそうな一徹

 ズボンを半分脱ぎ、パンツ越しに自分のアソコを碧ちゃんの下半身に当て、耳や唇に軽くキス。さらに胸を揉み、本格的に夜這いスタート!! と思いきや、碧ちゃんがお目覚め。

 寝ぼけた表情で「何ですか?」と言う碧ちゃん。一徹は「これには深いワケがあって……」と気まずそう。そこでアキノリ監督から碧ちゃんにネタばらし。事前に告げられていた撮影は嘘で、本当は夜這いの企画だったことが明かされます。

 本来のコンセプトではないものの、このままセックスシーンを撮影することに。一徹は初対面の碧ちゃんに対して「かわいい」「僕のほうはもうギアが入ってるんですけど」とやる気満々です。碧ちゃんも照れながら一徹とキスをし、寝起き数分で初対面の一徹とセックスする流れに……!

 後編では初対面とは思えない、2人の親密な絡みが見られます。どうぞお楽しみに☆

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  11. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  19. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー