[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP、25周年公演は「最後のツアー」に!? ジャニーズの狙いは「実質的には解散状態」か

2014mrsmap.jpg
SMAPへの希望と絶望が同時にやって来た……

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長がSMAPについて「解散は絶対ない」と明言し、25周年記念イヤーにあたり、「(ツアーを)盛大にやるべき」と推奨したことが、5日付のスポーツ各紙に報じられた。12日発売の「女性セブン」(小学館)では、ツアー実現に向かうSMAPや関係者の現状を伝えている。

「そもそも、ジャニー社長がこのタイミングで口を開いたのは、4月27日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、解散説を再浮上させたことがきっかけとみられています。ジャニー社長は、自分が正式な発言をすることで、事態の鎮静化を図ろうとした。解散疑惑を早期に払拭するためにも、ツアー開催は必須条件でしょうからね」(週刊誌記者)

 

「セブン」によれば、11月からツアーを開始できるように会場探しが行われているとのこと。また、これに併せてニューアルバムの制作も予定されているという。

「同誌は、事務所独立派の中心人物である中居正広の方から、ツアー開催の申し出があったとし、強い意思を感じたジャニー社長がそれを認めたため、公の場で解散を否定したとも伝えています。ツアー実現についての報道は、ファンにとって大変喜ばしいことでしょうが、気がかりなのは、記事中で『SMAPにとって最後のツアーになるかも』と書かれている点です」(同)

 記事ではほかにも、いまだ修復されないメンバー間の“溝”も指摘。SMAPの中で唯一事務所残留を主張していた木村拓哉と、独立を決めていた4人のメンバーの確執は今も続いているとし、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の打ち切り説にも触れている。

「これまでスポーツ各紙は、ジャニーズサイドの要請に応じるがままに記事を書いてきた背景があります。これは『セブン』も同様で、今回もジャニーズの意向をそのまま載せたのではと考えられます。つまりジャニーズは、今後もSMAPというグループを存続させるものの、少年隊のように、グループ活動はなく、メンバー個人の活動に特化させていく腹づもりなのでは。実質的には“解散状態”となるかもしれません」(同)

 すでに報じられているように、一貫してジャニーズサイドに忠誠を示してきた木村には、来年1月クールの主演ドラマが決まっている。

「それに加えて、中居も新たなバラエティ番組のMCが内定しているという情報も。また、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)が、今年2月から『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に変更されたように、“SMAP”の看板を取り外す動きもありますからね」(テレビ局関係者)

 こうしてそれぞれの得意分野で活躍しながら、SMAPは徐々に個人活動のみにシフトしていくのだろうか?

四半世紀の歴史にあっさり終止符打たないで!!!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!