その他
【ジャニーズ研究会レポート】

SMAPは『野球大会』に出場するはずだった!? KinKi Kids堂本光一が「直前まで調整してた」

 1月上旬にグループの解散騒動が持ち上がり、その後の活動が注目されていたSMAP。先日、騒動時から沈黙を守ってきたジャニー喜多川社長が報道陣の前で「解散なんて冗談じゃない」などと初めて疑惑を否定。この発言に対し、ファンは「ジャニーさんの言葉を信じる。ありがとう」と素直に喜ぶ声や、「5人の言葉しか信じられない」と疑いの眼差しを向ける人など、さまざまな反応を見せている。

 ジャニー社長は、メンバーの契約更新時期である9月に解散がウワサされている件について、「そんな心配は全然ないです」と、今後も5人の活動が続くことを強調。「SMAPは我が子と同じ」と話し、デビュー25周年のイベントも「盛大にやるべき」などと断言していたという。

 かつてのSMAPは、TOKIOやV6、KinKi Kids、嵐などジャニーズの後輩と番組で共演する機会もあったが、ある時期から“孤高の存在”に。近年はSMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏が関与するKis-My-Ft2、Sexy Zoneメンバーらとの共演こそ増えていたものの、嵐やTOKIOと同じステージに立つ機会は、大型音楽番組のみとなっていた。これは事務所内の“派閥”の影響と問題視されていたが、解散騒動で飯島氏が会社を去ったことにより、ファンの間では本格的な派閥解消を待ち望む声が出ている。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク