オシャレピーポーあるある「下ネタ言いた~い」

オーガニック大好きなグウィネス・パルトローが、「“夜の潤滑油”にはココナッツオイル!」と熱く推奨

GwynethPaltrow04.jpg
グウィネスさんの発言より、ドラマ『Grace and Frankie』が気になる!

 ハリウッド最先端のおしゃれライフを謳歌していることで知られる、女優のグウィネス・パルトロー(43)。マクロビオティックを支持し、体と自然に優しいオーガニック商品を愛する彼女は、2008年に、ライフスタイル提案サイト「Goop」をオープンさせた。

 2世女優ながらもアルコールやドラッグの依存症になることなく、ハリウッドの優等生としても知られるグウィネスなのだが、実は世間から激しく嫌われている。「健康のためと言いながら、バランス良い食生活が必要な年頃の子どもに、マクロビオティック・ダイエットを強要している」「健康主義者と言うわりには喫煙者」「家族が大事と言いながら不倫した」など、理想と行動が一致しないと叩かれているのだ。グウィネスもいちいち反論するため、嫌われていき、ネット上で度々炎上騒ぎを起こしている。

 そんなグウィネスが、またファンとアンチの度肝を抜くような記事を「Goop」に掲載した。

 問題の記事は、定額制動画配信サービス「Netflix」で配信されているドラマ『Grace and Frankie』のワンシーンを見て、「考えさせられた」と説明する文章からスタート。同作は、夫同士が長年交際してきた隠れゲイカップルで、70代になり突然離婚を告げられた2人の妻が、混乱しながらも新しいことに果敢に挑戦し、残された人生を楽しもうと模索する姿を描く人気作。そのシーンは、一方の妻フランキーが「ヤム芋をベースにした“夜の潤滑油”」を作ったというものだ。

 グウィネスは、「そういえば、私たちは市販の潤滑油になにが使われているのか、あまり考えたことがなかったけれど。パラベン(食品や医薬品、化粧品の防腐剤)とか使われているから猛毒なのよね」とし、「フランキーは手作り潤滑油の開発を、“膣の歴史上最も大切な瞬間”と言っていたけど、ここでみなさんと一緒に潤滑油について考えてみましょう」と企画の趣旨を説明。その後、専門家への質疑応答インタビューを掲載した。

 専門家は、女性向けクリニックの女性医師。市販の潤滑油は女性だけでなく男性の生殖器に悪影響を与える可能性が高いと警鐘を鳴らした上で、「オーガニックのココナッツオイル、オリーブオイル、アロエベラジェル、アーモンドオイルなどを使うのがいいですね」「ただしラテックス(天然ゴム)コンドームとは一緒に使わないこと」「精子の運動力も弱めるので、妊娠しようと思っているときも使わないでください」と、説明している。ほかにも、更年期の女性が罹患しやすい膣乾燥症の説明や、「毎日8~10杯の水を飲めば、膣は潤うでしょう」というアドバイスも。ラテックスコンドームの危険性をレクチャーし、「コンドームを購入するときは、なにで作られているのか、ラベルをきちんとチェックしましょう」とも助言している。「Goop」では、「Sliquid」というブランドのオーガニック・ローションを販売しているが、グウィネスは「これも使えますよ」と紹介した。

オーガニックを胡散臭くさせる人がここにも一人……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク