その他
【ジャニーズ研究会レポート】

滝沢秀明が関ジャニ∞の横山裕の悪癖をモノマネしつつ、やや愚痴モード

 ジャニーズにおけるグループの垣根を越えた交流は、ファンにとって大きな楽しみのひとつだが、いつも“仲良しエピソード”ばかりが明かされるとは限らない。タッキー&翼の滝沢秀明は、自身がパーソナリティーを務めるラジオ『タッキーの滝沢電波城』(ニッポン放送)の5月7日放送回で、長年の因縁がある関ジャニ∞・横山裕の“悪い癖”を指摘していた。

 滝沢がジャニーズ事務所に入所した1995年は、V6として同年デビューした森田剛と三宅健を筆頭に“ジャニーズJr.の黄金期”の幕開けと呼ばれたころ。翌年には、松本潤、二宮和也、相葉雅紀ら現在の嵐メンバーが入所し、98年には初のジャニーズJr.全国放送ゴールデン番組『8時だJ』(テレビ朝日系)は滝沢らが中心となって盛り上げた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク