【連載】おおしまりえの婚活スポットリアル調査4

たったの300円で出会い放題!? 銀座のナンパスポット・コリドー街のバーに行ってきた

300bar1_mini.jpg
銀座300BAR8丁目店の入り口

 東京・銀座のコリドー街といえば、ナンパスポットとして、ここ最近盛り上がっています。個人的にはもうはやりすぎて、人が集まりすぎちゃって、逆に全然出会えないんですけど……という感じですが、そのコリドー街がナンパスポットと言われるキッカケになったお店に行ってきました。その名も「立ち飲みバー 銀座300(スリーハンドレッド)BAR」です。現在銀座8丁目店と5丁目店の2店舗あるようですが、この8丁目店がコリドー街の入り口に位置しているため、ここをナンパ活動のスタート地点にする人も多いようです。

 最近はナンパ師(ナンパしてワンナイトセックスを狙う男性)の生息地になっているなんてウワサもあるので、ドキドキです。

■ナンパバーのフシギなシステムあれこれ

 はじめにこの300BARのシステムを紹介すると、店内は全席スタンディング、ドリンクはどれも300円(税別)で、入店時に2枚以上のドリンクチケットを購入し、カウンターでお酒と交換します。女性の場合、うまくすれば(というか大体)男性からおごってもらえるので、飲み代はこの2枚のチケット以外、ほぼかかりません。スタンディングなのとナンパ目的の男性しかいないため、女子同士で楽しむという場所ではないのでご注意を。

 店内は夜8時頃から8割ほどキャパが埋まり、9時台にはすでにギュウギュウです。ですので、長い時間ナンパ待ちしてもいいのですが、オススメは30分くらいか長くても1時間で退散する、もしくはよさそうな男性と別のお店へ移動するのがよいでしょう。

 またフードは一応ありますが、そもそもギュウギュウで、テーブルを確保できなくて苦労します。食べてもいいけど、バーの食事なので期待せず。軽く腹ごしらえしてから来店するのがいいでしょう。

■あれ、客層がそこまで悪くない?

300bar2_mini.jpg
店内は大混雑

 そんなナンパバーの客層ですが、20〜30代の会社員が多いです。バーなのに9割スーツという光景は、ちょっと異様かもしれません。ここ最近はナンパバーがはやってしまい、客層が悪くなったとウワサを聞いていましたが、意外と普通メンズが多かったのが印象的。遊び慣れていそうなタイプが多いわけでもなく、むしろ遊び慣れていないからこそ、ナンパ目的のバーに来たというような男性が多かったです。

 またナンパ師が女子をハントする練習場として使用しているなんて噂もありますが、プロっぽいテクを駆使してくる男性にもあまり遭遇しませんでした。ということで、本気度は低い出会いの場だと思いますが、そこまで変な客がいる感じもしなかったです。

 女性はというと、これが意外にもアラフォー(しかも肉食風)っぽい女性が増えてきた印象です。というか、一時と比べて男性よりも女性の方の年齢層が上がっているような……。どういうカラクリなのでしょう?

超熟が好きですか?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  4. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー