常勝フジも今は昔

月9『ラヴソング』だけじゃない! フジの春ドラマが壊滅状態、禁断の“5%割れ”も連発!

doramafujikaimetu.jpg
フジテレビ公式サイトより

 4月期のフジテレビ系の連続ドラマが壊滅的な状態だ。

 その最たる例が、福山雅治主演の“月9”ドラマ『ラヴソング』(月曜午後9時~)の、よもやの大不振。視聴者の前評判がかんばしくなかったが、ここまでひどいとは誰が予想しただろうか。初回は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とかろうじて、2ケタ台に乗せたものの、第2話では9.1%と、あっさり1ケタ台に陥落。第3話は9.4%とやや持ち直したものの、第4話は8.5%、第5話は自己ワーストの8.4%まで落ち込んでしまった。

 第5話までの平均視聴率は9.2%と低調。1月期の同枠『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(有村架純&高良健吾主演)は、全話平均9.7%で“月9”史上ワースト視聴率を更新してしまったが、『ラヴソング』はそれをも下回りそうな気配となってきた。

 それだけではない。単話での“月9”史上ワースト視聴率は、2014年4月期の『極悪がんぼ』(尾野真千子主演)第10話の7.8%だが、『ラヴソング』は第4話ですでに8%まで数字を下げているだけに、短話でのワースト記録も塗り替えてしまいそうな雰囲気だ。同枠の『ガリレオ』シリーズ(07年10月期、13年4月期)では、平均20%前後の高視聴率をマークした福山だが、その人気凋落ぶりは目に余るほどである。

 次に、伊藤英明主演『僕のヤバイ妻』(火曜午後10時~)は、初回2時間スペシャルが8.3%。その後、第2話が7.7%、第3話が6.8%とジリジリ下げて、いよいよ“ヤバイ”視聴率になってきた。今の伊藤にとって、プライム帯(午後7時~11時)の主演は、実力不足だったのだろうか。

 同ドラマの見どころの1つに、伊藤の愛人役である相武紗季のラブシーンが挙げられるが、数字に反映されていないのが物悲しい。その相武は第3話放送日(5月3日)に結婚したことを電撃発表したが、その話題づくりも効果はなかったようだ。

 主演の松下奈緒がデビュー以来、初めてショートカットにして、三枚目の教師役を演じている『早子先生、結婚するって本当ですか?』(木曜午後10時~)も悲惨な状況となってきた。初回が6.8%、第2話が6.1%と6%台が続いたが、第3話では4.9%と、禁断の“5%割れ”。テレビ業界では、プライム帯で5%を割り込むのは“危険水域”といわれ、この調子だと、“打ち切り”がちらつくことになりそう。清純派美人のイメージを壊してまで、三枚目にチャレンジした松下にとっては、その挑戦も実りなきものとなりそうだ。

 初回でいきなり4.8%の爆死スタートとなった『OUR HOUSE』(芦田愛菜&シャーロット・ケイト・フォックス主演/日曜午後9時~)は、第2話で5.0%と微増したが、第3話では4.0%、第4話では3.8%と降下。第4話までの平均は4.4%で、このままだと、昨年7月期の大爆死ドラマ『HEAT』(フジテレビ系/AKIRA主演)の平均4.1%を下回る可能性も十分。フジが3年ぶりに復活させた「日9ドラマ」枠は、早くも断崖絶壁に立たされた。

 1月期もフジの連ドラ(プライム帯)は4作全てが視聴率1ケタ台(平均)だったが、今期ほどの大爆死ではなかった。こんな状態が続けば、今後人気俳優が同局でのドラマ主演オファーを断る事態が頻発しかねないだろう。
(森田英雄)

MVPは脱ぎ損の相武紗季かな~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー