その他
【ジャニーズ研究会レポート】

“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!

“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!

 Sexy Zoneが「日経エンタテイメント」6月号(日経BP社)にて、5月3日に発売した最新シングル「勝利の日まで」に込めた思いを語るとともに、グループとしての目標を明かしている。  同曲は『2016 リオデジャネイロオリンピック バレーボール世界最終予選』のイメージソングであり、佐藤勝利が「ブラジルっぽい音が入っています」と紹介するように、日本のバレーボールと、彼ら自身が“世界へ羽ばたく”ことをイメージして作られたワールドワイドな1曲だ。  Sexy Zoneは、2011年にデビュー。同誌では、5年目を迎える彼らが現在、どんなビジョンを抱いているかに迫っている。  人気の高まりを感じるかとの質問に、菊池風磨は「外を歩いていたら声かけてもらえるようになったとか、そういう変化はありますけど、『あれをきっかけにブレイクした』とかは、正直まだ全然」と、素直な心境を吐露。一方、バラエティ番組への出演が多い中島健人は、「いろんな番組でSexy Zoneの魅力を宣伝して皆さんに広げていくのが、自分の使命だと思ってるんで」と自身の活動スタンスを明かしている。また、出演した番組内で“Sexy Zone”という名前をイジられることについては、「そうやって1回は注目してもらえるという点で、この名前に感謝しています」と述べ、さらに「マリウス(葉)はまだ16歳だからもう1回ぐらい、多感な時期に突入すると思うけど(笑)その時こそ“Sexy”なパフォーマンスを、僕はひそかに期待してます(笑)」と続けた。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 綾瀬はるか写真集が「全然売れてない」
  2. 元NMB48・渡辺美優紀、業界ルール破った!?
  3. 葵つかさ「あそこがジュンジュン」発言
  4. 元Jr.、ゲイバー勤務&未成年飲酒撮
  5. 突如として叫び暴れだした泰葉に重なる、あの女の存在
  6. 野村周平『VS嵐』で“共演者批判”連発
  7. 元女囚が斬る! ドラマ『女囚セブン』
  8. 元Jr.が明かすジャニーズの世界
  9. 橋本奈々未、ソニー取締役“愛人疑惑”の真相
  10. 父との関係に見る、魔性のオンナの条件
  11. 『ひよっこ』柴田理恵で泣く視聴者
  12. 『ジョジョ』実写版CGが「ショボすぎる」
  13. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  14. 木村映画、初日満席続きで好スタート?
  15. 「元ジャニーズアイドルは今」画像集
  16. 本田翼、セフレから恋人に昇格!?
  17. ベラ、同性との濃厚ベロチューをアップ!
  18. 前田敦子、北川景子との“格差”に不満!?
  19. スイカを彫る伊野尾の後ろに完成品が?
  20. 芸能人衝撃のマタニティフォト集

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「あそこがジュンジュン」発言
  2. 元Jr.、ゲイバー勤務&未成年飲酒撮
  3. 元Jr.が明かすジャニーズの世界
  4. 木村映画、初日満席続きで好スタート?
  5. 「元ジャニーズアイドルは今」画像集

カルチャーの人気記事

  1. 「怪奇クモ女」ってどういうこと!?  私は、街一番の美少女といわれた女なのに!!
  2. ホストが体験した脅迫トラブル
  3. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ

海外ゴシップの人気記事

  1. ベラ、同性との濃厚ベロチューをアップ!
  2. 『glee』のリア、またアンチからバッシング
  3. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  4. G・パルトローのサイトでセックス特集
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり