その他
【ジャニーズ研究会レポート】

“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!

“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!

 Sexy Zoneが「日経エンタテイメント」6月号(日経BP社)にて、5月3日に発売した最新シングル「勝利の日まで」に込めた思いを語るとともに、グループとしての目標を明かしている。  同曲は『2016 リオデジャネイロオリンピック バレーボール世界最終予選』のイメージソングであり、佐藤勝利が「ブラジルっぽい音が入っています」と紹介するように、日本のバレーボールと、彼ら自身が“世界へ羽ばたく”ことをイメージして作られたワールドワイドな1曲だ。  Sexy Zoneは、2011年にデビュー。同誌では、5年目を迎える彼らが現在、どんなビジョンを抱いているかに迫っている。  人気の高まりを感じるかとの質問に、菊池風磨は「外を歩いていたら声かけてもらえるようになったとか、そういう変化はありますけど、『あれをきっかけにブレイクした』とかは、正直まだ全然」と、素直な心境を吐露。一方、バラエティ番組への出演が多い中島健人は、「いろんな番組でSexy Zoneの魅力を宣伝して皆さんに広げていくのが、自分の使命だと思ってるんで」と自身の活動スタンスを明かしている。また、出演した番組内で“Sexy Zone”という名前をイジられることについては、「そうやって1回は注目してもらえるという点で、この名前に感謝しています」と述べ、さらに「マリウス(葉)はまだ16歳だからもう1回ぐらい、多感な時期に突入すると思うけど(笑)その時こそ“Sexy”なパフォーマンスを、僕はひそかに期待してます(笑)」と続けた。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. Matt、“美容中毒”キャラに冷めた声
  2. NEWS・手越釈明も「論点ズレてる」
  3. 福士蒼汰、新連ドラがコケそう!?
  4. 田中聖、後輩を5万円で売ろうとしてた!?
  5. あっという間にアンチ急増のタレント
  6. 酒鬼薔薇の文字はなぜゾワゾワする?
  7. TOKIO「城島不要」の声噴出
  8. 【元Jr.独占手記】初体験の相手はファン
  9. 【元Jr.独占手記】サンチェさんのこと
  10. 中居正広、秋以降「新規CM内定」
  11. 運動会役員で、保護者に目を光らせました!
  12. 相葉の月9、『流星の絆』にダブルスコアで敗北
  13. 元Jr.独占手記…過酷なオーディション
  14. 『小さな巨人』大ヒットしないワケ
  15. 「DHCクレンジングオイル」はなぜ成分非表示?
  16. 元Jr.が明かすジャニーズの世界
  17. 田中聖と自殺したAV女優の関係
  18. 福原愛は、なぜ急速に嫌われたのか?
  19. 月9『貴族探偵』、嵐の小ネタ連発も不発
  20. ヒュー・ジャックマン、「マリカー」に大興奮

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・手越釈明も「論点ズレてる」
  2. 田中聖、後輩を5万円で売ろうとしてた!?
  3. TOKIO「城島不要」の声噴出
  4. 【元Jr.独占手記】初体験の相手はファン
  5. 【元Jr.独占手記】サンチェさんのこと

カルチャーの人気記事

  1. 酒鬼薔薇の文字はなぜゾワゾワする?
  2. 知られざる筆跡鑑定の世界
  3. DV夫から逃げるためにシェルターへ
  4. 35歳の婚活はデニムでOKの「Domani」
  5. DV夫でも子どもに会えないのはつらい

海外ゴシップの人気記事

  1. ヒュー・ジャックマン、「マリカー」に大興奮
  2. ケイティ、ファンとの無防備ハグに賛否両論
  3. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  4. コリン・ファレル、陰毛処理を失敗
  5. タイガ―、世紀の不倫騒動は「後悔してない」