芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

busendou.jpg
『バスジャック』/株式会社オールイン エンタテインメント

 毎年のように現れては消えていく芸人たち。激しい競争を強いられるお笑い業界の中には、スタッフから“使いづらい芸人”のレッテルを貼られてしまい、知らず知らずのうちに活躍の場を失っている者も少なくない。今回は、テレビ局関係者たちに聞いた、使いづらい芸人を紹介する。

 芸人やバラエティタレントたちは、「誰もが皆、全国ネットのゴールデンタイムのバラエティ番組に出演することを目指します」(バラエティ番組スタッフ)というが、その夢を一度はかなえたにもかかわらず、いつのまにか姿を消してしまったのが、M‐1グランプリで優勝経験を持つお笑いコンビ・ますだおかだの増田英彦だ。

「現在、準レギュラーを含め定期的に4番組に出演していますが、在京キー局制作は『アッコにおまかせ』(TBS系)だけで、しかもコンビでの出演。残りは地元・関西と名古屋のローカル番組で、事実上、単独ではキー局の出演はありません。対照的に、相方の岡田圭右は在京キー局の番組は3本レギュラーで出演中。また、MCとしても活躍し、ゴールデン帯の番組にも出ています。こうしたコンビ格差が生まれてしまったのは、増田の使いづらさが原因でしょう」(同)

 「愛嬌があり、番組制作スタッフの話をちゃんと聞く」(同)という岡田に対し、増田は「我があまりに強すぎるので、番組制作スタッフにとっては、それがワガママにみえてしまうことも多い」(同)ようだ。

「増田を『気難しくて、コミュニケーションが取りにくいタレント』と語るスタッフは少なくありません。それに、ブログで言わなくても言いことをあえて書いてしまうクセがいまだに抜けない点も、スタッフ受けが悪い。身内である所属事務所のスタッフも、若手ならともかく、もう中堅からベテランに差しかかるタレントに、いちいちそんなことを注意するのも気が引けるのか、放置している状況だそうですよ。今、大阪と名古屋では何とかレギュラーをゲットできているのは、本業の漫才で得た知名度に頼っているというところでしょうかね」(同)

 お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんにも、厳しい目が注がれているようだ。『水曜日のダウンタウン』(同)など、ゴールデン帯のバラエティに頻繁に出ている印象もあるが、「女癖が悪すぎて、『使いたくない』と語るバラエティスタッフが増えている。今後はどうなることやら」(別のテレビ局関係者)との声も。

「番組でもネタにされていますが、クロちゃんは素人であろうと、アイドル歌手であろうと、関係なしに女性を口説きます。そんなこともあり、クロちゃんと共演NGを出す事務所もあるほどです。また、特に好きなのがキャバクラ嬢で、番組スタッフに、何かと理由をつけてキャバクラに連れってもらおうとおねだりをしまくっているそうなんですよ。これをあまりよしとしないスタッフは結構いますね」(同)

 ただ、その半面“ドッキリ企画”では重宝されているようで、「100%に近い確率で引っかかって、制作サイドが期待する以上のリアクションをしてくれるので、助かりますよ」(同)という。

 最後に、ゴールデン帯で冠番組を持つココリコの遠藤章造の名前が挙がった。

「昔に比べれば、出世したというか年齢を重ねたからというのもあるのでしょうが、とにかく偉そうなんです。最も顕著なのは、遠藤自身が好きだというスポーツ関連の番組。アスリートにインタビューをすると、とにかくなんでもかんでも“知ったかぶり”してしまうので、相手に対して偉そうにしているように見える。関西では、報道番組のコメンテーターをしているものの、勉強不足なのが目に余る。どんどんボロが出ているので、今後業界内で“使いづらさ”に拍車がかかりそうです」(同)

 どれだけ売れても、知名度が上がっても、売れ続けるためには、“謙虚さ”は大切なのかもしれない。

『バスジャック [DVD]』 クロちゃん、実はクズっていうのは逆に面白いのでは? amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!