安定の中国トバシネタ

元EXOメンバー「専属契約訴訟」の判決近づく! レイも「いよいよ脱退」と中国報じる

ray-exoxo001.jpg
2015年4月、中国メディアのインタビューに応じるレイの様子(出典:捜狐網)

 2014年に契約解除の訴えを起こした中国人メンバー3名を除き、現在9人で活動を続けているSMエンターテインメント所属のEXOだが、またしてもメンバー脱退のうわさが飛び交っている。中国メディア「青年網」(4月26日付)が、唯一中国人メンバーとして在籍していたレイ(張芸興/24)が脱退するのではとの記事を発表したのだ。

 その理由として、4月21日に台湾で発売されたファン向けのEXO限定グッズに、レイの名前や写真がないことを指摘。これに対し、ネット上では中国のファンからは「いい加減、中国人メンバーをいじめるのはやめて!」「SMエンタって、こうやって扱いづらいメンバーをハブって居づらくするんだね」「レイは辞めた3人に負けないくらい中国で人気あるし、十分ソロでやっていけるよ」など、SMエンタに対する不満や、レイへの応援コメントが書き込まれている。

 また15年の秋に開催されたEXOの日本ツアーライブ『EXO PLANET♯2 The EXO’luXion』においてレイの出演が見送られ、4月末~5月3日に日本武道館で開催されたファンミーティングにもレイが出演しなかったことで、日本人ファンの間でもレイが脱退するのではとうわさになっていた。

 レイとSMエンタとの間で何が起こっているのだろうか? アジア圏のアイドル事情に詳しい香港メディアの記者は、次にように分析する。

「15年4月、レイはネットテレビの単独インタビューで、自らSMエンタとの関係について語り、EXOのメンバーとしてデビューし、ここまで育て上げてもらった事務所に感謝の言葉を述べています。しかしその後、SMエンタに対して、中国での個人事務所設立を打診し、SM側もこの要求を受け入れています。その背景には14年に専属契約解除を申し出た中国人メンバー3人の存在がありました」

 その中国人メンバーの3人、クリスとルハンとタオは、グループを抜け、現在は中国で俳優や歌手活動などを精力的に行っている。

「おそらく事務所側は、レイが提案した個人事務所設立を拒否してしまうと、3人のように契約解除の訴えを起こされかねないと考えたのでしょう。ただSMエンタの事務所内部では、レイに対して寛容すぎるといった意見を持つ者も少なくありません。EXOのグループ活動にレイが参加していない背景には、レイの個人スケジュールが優先されている側面のほかに、事務所内の“反レイ勢力”の意向が作用していることも考えられます」(同)

 レイは15年、中国メディアのインタビューの中で脱退については明確に否定した。しかし、レイ脱退説はいまだ根強く、今後の情勢は不透明だ。5月には、クリスとルハンが起こした専属契約解除を求める訴訟に判決が言い渡される。中国人メンバーの動向には引き続き注目が集まるだろう。
(広瀬賢)

日本にも来ないしね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  2. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  3. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  4. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  5. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  6. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  7. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  8. 岸優太の無邪気さがすごい
  9. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  10. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  11. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  12. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  13. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  14. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  15. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  16. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  17. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  18. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  19. バストも自信もアップした秘密
  20. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  3. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  4. 岸優太の無邪気さがすごい
  5. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと