安定の中国トバシネタ

元EXOメンバー「専属契約訴訟」の判決近づく! レイも「いよいよ脱退」と中国報じる

ray-exoxo001.jpg
2015年4月、中国メディアのインタビューに応じるレイの様子(出典:捜狐網)

 2014年に契約解除の訴えを起こした中国人メンバー3名を除き、現在9人で活動を続けているSMエンターテインメント所属のEXOだが、またしてもメンバー脱退のうわさが飛び交っている。中国メディア「青年網」(4月26日付)が、唯一中国人メンバーとして在籍していたレイ(張芸興/24)が脱退するのではとの記事を発表したのだ。

 その理由として、4月21日に台湾で発売されたファン向けのEXO限定グッズに、レイの名前や写真がないことを指摘。これに対し、ネット上では中国のファンからは「いい加減、中国人メンバーをいじめるのはやめて!」「SMエンタって、こうやって扱いづらいメンバーをハブって居づらくするんだね」「レイは辞めた3人に負けないくらい中国で人気あるし、十分ソロでやっていけるよ」など、SMエンタに対する不満や、レイへの応援コメントが書き込まれている。

 また15年の秋に開催されたEXOの日本ツアーライブ『EXO PLANET♯2 The EXO’luXion』においてレイの出演が見送られ、4月末~5月3日に日本武道館で開催されたファンミーティングにもレイが出演しなかったことで、日本人ファンの間でもレイが脱退するのではとうわさになっていた。

 レイとSMエンタとの間で何が起こっているのだろうか? アジア圏のアイドル事情に詳しい香港メディアの記者は、次にように分析する。

「15年4月、レイはネットテレビの単独インタビューで、自らSMエンタとの関係について語り、EXOのメンバーとしてデビューし、ここまで育て上げてもらった事務所に感謝の言葉を述べています。しかしその後、SMエンタに対して、中国での個人事務所設立を打診し、SM側もこの要求を受け入れています。その背景には14年に専属契約解除を申し出た中国人メンバー3人の存在がありました」

 その中国人メンバーの3人、クリスとルハンとタオは、グループを抜け、現在は中国で俳優や歌手活動などを精力的に行っている。

「おそらく事務所側は、レイが提案した個人事務所設立を拒否してしまうと、3人のように契約解除の訴えを起こされかねないと考えたのでしょう。ただSMエンタの事務所内部では、レイに対して寛容すぎるといった意見を持つ者も少なくありません。EXOのグループ活動にレイが参加していない背景には、レイの個人スケジュールが優先されている側面のほかに、事務所内の“反レイ勢力”の意向が作用していることも考えられます」(同)

 レイは15年、中国メディアのインタビューの中で脱退については明確に否定した。しかし、レイ脱退説はいまだ根強く、今後の情勢は不透明だ。5月には、クリスとルハンが起こした専属契約解除を求める訴訟に判決が言い渡される。中国人メンバーの動向には引き続き注目が集まるだろう。
(広瀬賢)

日本にも来ないしね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー