元KAT-TUN・赤西仁、熊本地震になぜか“英語でツイート”も「炎上すらしない……」

akanini0428

 14日に発生した熊本地震をめぐっては、SNSやブログなどインターネット上での発言が炎上する芸能人が後を絶たない。代表的なのは藤原紀香や紗栄子のケースだが、元KAT-TUNの赤西仁もまた自身のTwitter上での発言で、ネットユーザーらをざわつかせた。

 赤西は地震発生から約5時間半後、Twitter上で「熊本 my soul will be with you!!!!!!!」(心は熊本にあるよ)とつぶやき、続く投稿でも「Pray for Kumamoto Japan everybody!!」(みんな、熊本のために祈ろう)と呼びかけた。

 だが、これに対し、ネット上では「日本人が日本人に向けてツイートしてるのに、なんで英語やねん」「誰向けかまったくわかんねーな」「なんで英語やねん、外タレ気取りか」「英語が中途半端にできるやつって、やたらと誇示したがるからな」などの声が上がった。

「日本人の赤西が日本の熊本で起きた地震について、日本人に呼びかけるのに、英語でツイートする意味がわからないですよね。当時、赤西は『チャイナミュージックアワード』の授賞式に出席するためにマカオに滞在していたそうですが、それこそ外タレ気取りで英語でツイートしたのでしょう」(スポーツ紙記者)

 ちなみに当の外タレの発言はどうなのかというと、米歌手のアリアナ・グランデはTwitterで、「きょうのじしんでひがいをうけたかたがたへ、わたしのあいといのりがとどきますように」(原文ママ)と、日本語で綴っている。

「アメリカ人のアリアナがわざわざ日本語でツイートしているのに、日本人の赤西が英語だなんて、本当に熊本の人たちのことを心配しているのかと言いたいですね。赤西は同アワードで『アジアで最も影響力のある日本人アーティスト賞』を受賞して、英語でツイートすることで、“ワールドワイドに活躍しているオレ”をアピールしたかったのでしょうが、単に日本で活躍の場がないだけ。藤原紀香もそうでしたが、人の不幸にかこつけて自己アピールに努めようとするなんて、品性がゲスすぎますね」(前出記者)

 とはいうものの、この赤西の一連のツイート、実は紀香のように炎上するわけでもなく、一部のネットユーザーからの批判があっただけで、大した話題にもならなかった。つまり本人のアピールとは裏腹に、いまや日本における赤西の存在感など、その程度だということである。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  3. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  4. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  5. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  6. 岸優太の無邪気さはTOKIO・長瀬系?
  7. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  8. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  9. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  10. 瑛太は不機嫌、妹はイチャイチャ…… 松田美由紀BDパーティーに芸能人続々!
  11. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  12. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  13. ジャニーズ・N、禁断のベッドエピ発覚
  14. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  15. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  16. 山崎賢人最新映画でバブル終了?
  17. ムショの休日で一番の楽しみ
  18. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  19. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 岸優太の無邪気さはTOKIO・長瀬系?
  3. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  4. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  5. ジャニーズ・N、禁断のベッドエピ発覚

カルチャーの人気記事

  1. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  2. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと