サイゾーウーマン勝手に調査団

マスコミ関係者からクレーム! 取材がやりにくい“厄介者”ジャニーズタレント

2015kikuchi.jpg
誤解されやすい風磨の代わりに、ただならぬ愛想を振りまくミッキー

 テレビ誌やアイドル誌のみならず、週刊誌からスポーツ新聞まで、日々さまざまな紙面に登場するジャニーズタレントたち。仕事内容や私生活の一部が垣間見えるインタビューが掲載されるだけに、ファンは決して見逃せないが、今回はその取材現場で「取材しにくい」「いろいろ面倒くさい」と指摘される“厄介者”のジャニタレをリサーチした。

 プロ意識の高いジャニーズ事務所所属タレントとあって、不機嫌モード全開だったり、質問をスルーしたりなど、露骨なエピソードこそ浮上はしなかったが、「タイミングによっては要注意人物」といわれるのは関ジャニ∞・横山裕だという。


「コンディションによって、かなり取材での態度が変わるらしく、『あんなサービス精神旺盛なアイドルはいない』と太鼓判を押す編集者がいる一方で、『二度と関わりたくない』という記者もいます。ある雑誌に初めて登場した際のインタビューでは、とにかく早く取材を切り上げたかったのか、テーマについて一方的にしゃべり尽くし、その後は何を聞いても生返事を繰り返すのみだったそうで、担当者が『やりにくかった』と漏らしていました」(雑誌編集者)

 また、同じく「取材しづらい」といわれるのが、Sexy Zone・菊池風磨だという。

「決して悪気があってのことではないのでしょうが、取材者によっては、菊池の態度を『エラそう』と感じてしまうようです。質問にはきちんと答えるし、敬語を崩すといったこともないのですが、あの若さにしては笑顔も少なく、話にノッてくるということもあまりないため、やりづらいと感じる記者は多い。また、いくらジャニーズタレントとはいえ、年齢が近い女性インタビュアーが相手の場合は、フレンドリーな雰囲気になるものですが、菊池に関しては老若男女問わずの“塩対応”ですね」(スタジオカメラマン)

 そして最後に、KinKi Kids・堂本光一。取材記者から「ジャニーズのプリンス」と崇められているというが、「面倒くさい注文をしてくる」との声も。

「とても礼儀正しい好青年なんです。ただ、ジャニーズのスタッフ経由で『堂本には、楽屋とは別に個室の喫煙スペースを用意してほしい』など、注文が入るので、面倒くさいんですよね。ジャニーズ事務所随一の“プリンス”ですから、しょうがないかもしれませんが……事務所内外を問わず、誰もが気を使ってしまう存在なんです」(芸能ライター)

 少々の辛口コメントもあったが、文面からは伝わらないジャニーズタレントの素顔を想像するだけで、ファンにとってはインタビュー記事を読む楽しさが倍増するかも?

すみません、風磨は人見知りのカッコつけなんです……!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー