[連載]悪女の履歴書

小6少女はなぜ殺めた? 昭和54年「上野小2殺害事件」から見る少年犯罪 

世間を戦慄させた殺人事件の犯人は女だった――。日々を平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。彼女たちを人を殺めるに駆り立てたものは何か。自己愛、嫉妬、劣等感――女の心を呪縛する闇をあぶり出す。

syougakusei1.jpg

Photo by fukapon from Flickr

[第26回]
上野小2殺害事件

 2015年に起こった「川崎中1殺害事件」は世間の大きな注目を浴びた。それは犯行の残忍さとともに、加害者が遊び仲間の未成年少年たちだったということが大きな要因の1つだろう。前回取り上げた04年の「佐世保小6女児同級生殺害事件」も同様だが、こうした少年、少女による事件が起こるたびに、その残忍さ凶悪化と共にクローズアップされるのが、少年法に対する疑問と厳罰化を求める声だ。

 しかし実際には少年犯罪は年々減少し、14年は戦後最少となっている。では最多はいつだったのか。それは戦後直後ではなく昭和57、58年(1982年、83年)だ。

 確かにこの年を前後して、社会で大きな注目を浴びた少年犯罪が立て続けに起こっている。昭和54年には岡山県倉敷市で小学6年の男児が顔見知りだった6歳の幼稚園児をいたずら目的でアパートの空部屋に連れ込み殺害、同年福島県いわき市で小6男児が小1男児を塀から突き落とし死亡させた。翌55年には栃木県大田原市でやはり小1男児が3歳の幼女にいたずらしようとして騒がれ、棒で殴って井戸に突き落として殺害するという事件が起こっている。また昭和52年にも福島県須賀川市で小6の男児が小2の女児を乱暴目的で絞殺し、昭和50年には鹿児島県長島で5歳と3歳と男児と2歳の幼女が、産まれたばかりの赤ちゃんを包丁でメッタ刺しするという驚くべき事件も起こっている。

 そして昭和54年には中3の女生徒が悪口を言いふらしたとして同級生の女生徒を果物ナイフで刺した上、絞殺するという「佐世保小6女児同級生殺害事件」を彷彿とさせる事件も起こっている。

 こうして見ると少年犯罪は決して近年になって凶悪化、低年齢化したものではないことがわかるが、しかし司法や矯正施設、そしてマスコミは当時から現在でも“心の闇”などという曖昧な言葉でこれら事件を称し、その本質にはなかなか迫り切れないでいる。

 今回取り上げる「上野小2殺害事件」はそんな少年事件の1つだ。

生育環境が人と違うのは悪いこと?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 黒木瞳が視聴者をイラつかせる理由
  2. 小倉優子の不倫夫、キャバで暴言報道
  3. 『奪い愛、冬』視聴率はパッとせず?
  4. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  5. KANA-BOON・飯田が伝える真実
  6. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  7. 「女による女叩き」が蔓延するワケ
  8. ムショの休日で一番の楽しみ
  9. 山崎賢人最新映画でバブル終了?
  10. 錦織、極秘結婚説でファン騒然
  11. 『べっぴんさん』さくらアンチ増加?
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. V6・森田&宮沢、結婚一直線か
  14. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  15. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  16. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  17. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  18. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  19. 今井翼、中居マネジャーについて言及
  20. 『カウコン』隠れ名シーン

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 錦織、極秘結婚説でファン騒然
  3. V6・森田&宮沢、結婚一直線か
  4. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  5. 今井翼、中居マネジャーについて言及

カルチャーの人気記事

  1. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  2. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ