サイキックに、女性用カミソリ……

なんでこんなCMに!? マライア、ケイティら一流セレブが出演したB級CM

KatyPerry04.jpg
なにげに、記事中2つのB級CMに出演しているケイティ・ペリー

 世界的スポーツブランド「アディダス」から1億6,000万ドル(約177億円)の契約金をもらい、カッコイイCMに出演したデヴィッド・ベッカム。世界中で飲まれている「ペプシ」のCMに5,000万ドル(約55億円)で出演したビヨンセ。1,000万ドル(約11億円)で高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のCMに出たアンジェリーナ・ジョリー。きらびやかなオーラを放つセレブには、世界に名だたる有名ブランドからのオファーが殺到する。セレブがCMに出ることでブランドのイメージは上がり、セレブにとってもハクが付くのだ。

 しかし、中にはびっくりするようなCMに出演するセレブも。親日アピールや高額報酬目当てで日本のCMに出演したりするだけでなく、本国アメリカでも視聴者が驚くようなCMに出演するケースがあるのだ。今回はそんなB級CMに出演し、世間を驚かせたセレブを紹介しよう。

■エヴァ・ロンゴリア 「ドミノ・ピザ」(2015)

 『デスパレートな妻たち』の、高飛車だが情の厚い元モデル・ガブリエル役で知られる、エヴァ・ロンゴリア。ラテンブームという追い風もあり、同作で一躍大ブレイク。雑誌の「ホットな女性」「セクシーな女性」ランキングには必ず名を連ねるようになり、05年からは、ゴージャスな外見にぴったりな、ロレアルのヘアケア・化粧品の広告モデルを務めるようになった。

 実はエヴァ、下積み時代に下着モデルをしていた苦労人でもある。そんな彼女が出演したのが、宅配ピザチェーン店「ドミノ・ピザ」のCM。楽チンな部屋着姿でソファーに座りくつろぐエヴァが、「テレビが一番よね」と言うシーンからスタート。一日中、テレビを見ているエヴァは、ケーブルテレビのモニターを通して「ドミノ・ピザ」をオーダー。エヴァに続いて、同じく『モダン・ファミリー』で知られる女優サラ・ハイランドがスマートフォンで、アメコミ映画によく出演するクラーク・グレッグは高級レストランからスマートウォッチで、アメフト選手のリチャード・シャーマンは練習直後にTwitterで、それぞれが自分のライフスタイルに合った方法で「ドミノ・ピザ」をオーダーする。

 エヴァは、テレビに映るプールから上がるイケメンに目をらんらんとさせたり、「もう2日もこんな感じ」と肩をすくめたり、親近感あふれるキャラクターを演じている。12年に『デスパレートな妻たち』が終了してからは、プロデューサー業など裏方として活躍することが多くなったエヴァの、超庶民的な「ドミノ・ピザ」CMの出演にファンは大喜びした。

生放送以外ではめっちゃ細いマライア先輩

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク