【連載】美容整形Dr.高須幹弥に訊く!

美人なのかブスなのか? 顔面論争勃発の多部・剛力・小雪の顔をDr.高須幹弥がジャッジ!

tabechan_mojyamojya.jpg
多部ちゃんって本当にクセになる顔

【第12回】「高須幹弥センセイ、美人かブスか評価が分かれる女優の特徴は?」
テレビ画面や雑誌を彩る、華やかで美しき女優たち。とはいえ、中にはネット上で、「美人」か「ブス」かで意見が対立する芸能人もチラホラ。特に「多部未華子」「剛力彩芽」「小雪」の3名は、頻繁に容姿の論争が巻き起こる代表格です。メイクや照明で見え方が多少変わるとはいえ、両極端な意見が噴出するのはナゼなのか? 高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生、この3名が容姿の美しさで賛否両論な理由を教えてください!

■剛力彩芽はキャラクターで美人度5割増し
 それぞれの顔の特徴から見ていくと、多部未華子さんは顔自体小さいし全体的なバランスも悪くないし、大きな欠点もないですね。3人の中では一番美人だと思います。ただ、パーツ一つひとつをみると、目は奥二重であまり大きくはないし、鼻根部(目と目の間にあたる鼻の上部)が低くて鼻筋も通っておらず、アゴ先もありません。輪郭もぽっちゃりとしているので顔全体の余白が多く見え、位置関係はいいのに、パーツ自体が残念な印象です。

 多部さんのような顔立ちは整形すると美人になるタイプで、デビューする前の芸能人に多いんですよ。ほとんどの人は整形やメイクできれいになって売れていきますが、多部さんは整形の痕跡も見当たらないしメイクも濃くないし、原石のままで人気が出た顔といえるでしょうね。はやりの顔に飽きている人にとっては、このナチュラルさが新鮮で好印象なのだと思いますよ。一方で、目を大きく見せる努力をしていないことで若い子にウケる顔ではないかも。そこが意見が対立する理由なのではないでしょうか。

 逆に剛力彩芽さんは目を大きく見せる努力をすごくしているけれど、平均以下の小ささで細くて釣り目な上、目と目が離れ気味。鼻根部も低いので、余計離れ目に見えてしまいます。輪郭も面長で若い子に人気のあるタイプではない。整形を希望する女性にしてみれば、あこがれるパーツが1つもないかもしれませんね。僕のところに来る患者さんで、剛力さんの顔になりたいと言う人はいないです。でも、世の中全般で見れば可愛い。「クラスで“中の上”に位置する女の子」といったポジションです。

 剛力さんはMCなどもやられているし、性格のよさそうな印象が強いので、そのあたりがフィルターがかかって美人度を5割増しくらいにしているんじゃないかな。単純にルックスだけで見るか、キャラクターも考慮するかで見方が変わってくるんだと思います。

 小雪さんはパーツ自体の位置関係はそんなに悪くないのですが、目より下の部分が全部デカいんです。鼻も大きいし、輪郭は縦に長く横に張っていてエラからアゴ先にかけてがすごく大きいから、顔の余白部分も広い。けれど目は細くて小さくて、さらに奥二重が本来より小さい印象を与えてしまうせいで顔の余白が余計に際立って、バランスが悪く見えてしまうんですね。マスクをして顔の下半分を隠せば、美人度は一気に上がりますよ。小雪さんも多部さん同様に、目を大きく見せる努力をしていないので、整形やアイテープで二重の幅を広げたり、マツエクをつけたりすれば印象はずいぶん変わると思いますが、そういったことをしないナチュラルさが人気のゆえんなのではないでしょうか。

小雪の漏れ出る「私は女優」自意識も美の秘訣だよ~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク