乃木坂と欅坂がウケてる理由、考えてみようか

NMB48&HKT48が“崩壊”状態!? AKB一派、CD売り上げの減少止まらず

2016amagami.jpg
『甘噛み姫』/laugh out loud records

 NMB48のニューシングル「甘噛み姫」(laugh out loud records)が27日に発売され、初日の推定売り上げ枚数が17万422枚(オリコン調べ)を記録したことがわかった。先日は指原莉乃が所属するHKT48の最新シングル「74億分の1の君へ」(ユニバーサルミュージック)が、過去最低値の出だしとなったことが話題になっていたが、今回のNMBはそれをも下回る数値となった。

 かねてからNMB48は、AKB48の“支店”グループで最も売り上げに恵まれないといわれており、過去作品の数字は、2015年7月リリースの「ドリアン少年」28万2,242枚、同年10月の「Must be now」22万2,115枚、そして今作で17万422枚と右肩下がりに初日売り上げ枚数を落としている。一方で、HKT48も今月13日リリースの最新シングル「74億分の1の君へ」が、初日18万1,425枚とグループ史上最低を記録していた。

「昨年はAKB48の高橋みなみ卒業シングルとなった『唇にBe My Baby』が、発売初週でブレーク後初の“ミリオン不突破”したことにより、運営側が『総売り上がB’zを超えた』と急ごしらえのリリースを用意するなど、焦りを隠せずにいました。今回のNMB48、HKT48の売り上げは、ライバルグループ・乃木坂46の派生グループである欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』初日売り上げに追いつかず、AKB一派の弱体化が数字に表れています」(芸能ライター)

 支店グループの“崩壊”はファンの間でも話題になっており、3月にリリースされたSKE48の最新シングル「チキンLINE」(avex trax)も初週25万4,887と、エイベックス移籍後の最低売り上げを更新。「どのグループも数字落としすぎ」、「発売後の“ドーピング”が必要なのでは」といった意見もファンから上がっている。

「グループ毎に運営スタッフが異なっているAKBグループですが、近頃は“ドーピング”が期待される握手会といったイベントの“後出し開催”も減少しています。また各グループとも、現在はグループ全体の活動よりも一部人気メンバーのソロ活動を推す傾向も出ており、下位メンバーの離脱も著しい現状がある。少なくとも支店グループに関しては、記録よりも中心メンバーの人気維持が最優先ということなのでしょう」(同)

 現在もヒットチャートを席巻し続けるAKBグループだが、いよいよその終着点が近いのかもしれない。

SKEだけ初日じゃなくて初週カウントなのはなぜ!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー