リアルな歌詞にファン騒然

ビヨンセ、新アルバムで夫ジェイ・Zの浮気を糾弾! 浮気相手も宣戦布告でネットが大炎上

Beyonce06.jpg
世論を味方につける、さすがの策士!

 2月6日に突如新曲「Formation」を発売し、過激な歌詞で全米の度肝を抜いたビヨンセ。終始黒人を賛美し、「彼にフ●ックで満足させてもらった後は、レッド・ロブスターでおごってあげるの。だってアタシ、超ヤバいから」というエグい歌詞もあるこの曲は、ラッパーで音楽プロデューサー、実業家である夫のジェイ・Zの影響を強く受けたものとみられ、繰り返し離婚危機説が浮上するが、最強のパートナーだとファンを安心させた。

 先週の土曜日には、「Formation」が収録された、ビヨンセの通算6枚目となるスタジオ・アルバム『Lemonade』が発売された。ビヨンセは、1週間前にインスタグラムで「HBO局で、東部時間の4月23日午後9時、太平洋時間午後6時に『Lemonade』(のミュージックビデオ)をオンエアする」と発表。HBO局で放送された直後には、ジェイが買収し、ビヨンセも共同オーナーを務める音楽ストリーミング・サービス「Tidal」でも発売され、世界中で高く評価された。

 そんな『Lemonade』だが、収録されている12曲中、8曲に「パートナーに浮気された女性の怒り、苦しみ、悲しみ」が描かれており、ネット上では「やはりビヨンセは、ジェイの浮気に悩んでいるに違いない」と、話題騒然となっている。

 例えば、「Hold Up」という曲。「あなた以上の男性はいないというのに/あなたは愛してくれる女をこんなにもひどく扱うのね」「なにかが違うって感じる、事実そうだから。特に真夜中に明らかになることは/あなたからは秘密の匂いがプンプンする、くだらないとスルーできるほど私は完璧じゃない/なんでここまで落ちぶれちゃったんだろう。あなたの発信履歴を見たりして/プライドは失いたくないのに、ビッチが私をはめるから!」という歌詞がある。

 また「Don’t Hurt Yourself」には、「私のことなんだと思ってんの? あなたは、どこにでもいるような平凡なビッチと結婚したわけじゃないのよ、ボーイ」「あなたのルイ・ヴィトンから香水の匂いがするわ、ボーイ/いいから、私のデカ尻にキスをしなさい、ボーイ/今夜、あなたのことをめちゃくちゃにしてやるからね、ボーイ」「最終警告よ/私があなたに命を捧げたこと、知ってるでしょ/また、こんなクソみたいなことしたら、あなたは妻を失うことになるわよ」。

「別れないことが最大の復讐」という樹木希林手法もあるんやで。

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた