[Jr.証券取引所]

関西ジャニーズJr.のトップ銘柄、西畑大吾! 朝ドラ出演で“俳優枠”も期待の優良株

巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所に所属するJr.たちは、デビューを目指して日夜鍛錬を続けている。しかし、彼らを応援するファンは常に不安と背中合わせ。「この子は売れる? 次の現場はどこ? もしかして退所!?」――そんなスリルと楽しく共存できるよう、将来有望な銘柄を「Jr.証券取引所」がご案内。



nishihatadaigo.jpeg

【関西Jr.のトップ銘柄、安心感も◎】
西畑大吾 (にしはた・だいご)

 ジャニーズJr.証券関西市場で、いま最も注目度の高い銘柄の1つである。

 BSフジで放送中の『まいど! ジャーニィ~』のレギュラーメンバーの、いわゆる「まいジャニメンバー」。本銘柄はかつて関西Jr.ユニット「Aぇ少年」に永瀬廉らとともに所属、2012年には永瀬と大西流星によるトリオ「なにわ皇子」を結成、株価も急上昇した。この時期に『まいジャニ』の放送がスタート、株価もさらなる上昇の気配をみせたが、「なにわ皇子」結成当時に注目度が高かったのは、どちらかといえば大西。その後は、のちにMr.KINGに加入することになる永瀬の株が高騰する一方で、本銘柄はなだらかな安定した伸びをみせていた。

 その後、「まいジャニメンバー」の平野紫耀と永瀬が活動の拠点を関東に移す。そして、前記のMr.KINGが結成され、『まいジャニ』への2人の出演が激減することになる。ある意味で繰り上げのようでもあるが、こうして本銘柄が関西Jr.のトップ銘柄扱いとなっていく。

 本銘柄の大きなウリの1つは演技力。14年にはNHKの朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』で、主演の杏の次男・活男役に抜擢。明るいキャラでありながら戦死するという悲しい結末を迎える役柄を演じ、このときにはグンと値を上げた。

 16年には『あさが来た』で、再びNHKの朝ドラに出演、宮崎あおいの“またしても”次男役を好演。さらに雑誌「Myojo」(集英社)が開催する「Jr.大賞2016」では、堂々6位にランクイン。ちなみに上位5名はいずれもMr.KINGとPrinceのメンバーで、Jr.証券投資家たちの熱い注目度を裏付けることができた。

 それ以降も松竹座での関西ジャニーズJr.公演や映画『関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!』出演など、今後の関西ジャニーズJr.を背負っていく存在として、安心できる銘柄である。

あざといぶりっ子ならお手の物、ニノファンの鑑!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク