2016年春ドラマ初回視聴率

嵐・松本『99.9』が今年No.1視聴率獲得、ジャニドラ絶好調! 4月期ドラマ初回ランク

160425matasu.jpg
『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)公式サイトより

 4月スタートの春ドラマが初回放送を迎え、視聴率トップは15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得した、嵐・松本潤主演『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)となった。同作は第2話で19.1%を記録し、今クールのドラマの中では早くも独走状態となっている。

 松本が初の弁護士役を演じている『99.9』は香川照之、榮倉奈々らが脇を固める話題作。初回視聴率1位に加え、第2話は3.6%上昇し、前クールのSMAP・草なぎ剛主演作『スペシャリスト』(テレビ朝日系)の初回17.1%を上回り、今年の民放連ドラ1位を記録した。

 初回視聴率の第2位は渡瀬恒彦、V6・井ノ原快彦らが出演する人気の刑事ドラマシリーズ『警視庁捜査一課9係 season11』(テレビ朝日系)。初回は2時間スペシャルで放送され、13.9%を獲得。安定した人気を証明するかたちとなった。

 続いて第3位に入ったのは、竹野内豊が主演を務める『グッドパートナー 無敵の弁護士』(同)で、初回は12.9%をマーク。今作は竹野内と松雪泰子の連ドラ初共演作で、2人は同じ法律事務所に勤務する“元夫婦の弁護士”という役どころ。脚本は、SMAP・木村拓哉主演『HERO』(フジテレビ系)や、沢村一樹主演の人気シリーズ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)などを手掛けた福田靖氏が担当している。

 次に低視聴率により下位となった作品を見ていくと、ワースト3位は松下奈緒の主演作『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)。初回は当初4月14日に放送される予定だったが、熊本地方で発生した地震の影響で延期に。翌週21日にあらためて15分拡大で放送されるも、視聴率は6.8%と大惨敗を喫した。

 ワースト2位は同じくフジドラマの『OUR HOUSE』で、初回は4.8%と大コケ。芦田愛菜と連続テレビ小説『マッサン』(NHK)で一躍有名となったシャーロット・ケイト・フォックスがW主演する作品で、フジが3年ぶりに復活させた日曜午後9時のドラマ枠で放送。加藤清史郎、寺田心といった人気子役の出演も話題を集めたものの、今期のフジドラマでは最下位という結果に。24日放送の第2話は5.0%に微増していた。

 そして、今期のワースト1位は谷原章介がテレビ東京で初めて連ドラに主演する『ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~』(テレビ東京)で、初回は4.2%だった。前クールの小泉孝太郎主演『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の初回は7.0%を獲っていただけに、今後の盛り返しに期待したい。

まれに見るジャニオタご満悦のランキング

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク