【エロメン☆タイム】チャラ男・月野帯人と童貞・北野翔太に攻められる至福エッチ

 「イケメン男性2人から同時に攻められたい」という“3P願望”をお持ちの方はいませんか? しかし、実際にはなかなかそんなチャンスは舞い降りて来ないし、もしイケメン2人を目の前にしても「3Pしませんか?」って言いにくいですよね。

 そんな悶々とした思いを解消くれる作品が、【女性による、女性のための、女性が楽しい】AV作品を数多くリリースしてきた、みんな大好き「SILK LABO」からリリースされています! 『Addictive Triangular』は、それぞれ異なるシチュエーションの3P作品が2つ収録されています。まずは「#1『これも何かの縁だしさ。』」から見ていきましょう!

 長年交際していた恋人にフラれ、傷心旅行をしていた主人公・チヒロは、道端で財布を落とし、月野帯人演じるノボルにそれを拾われます。浮かない顔をしていたチヒロに、ノボルは「女の子がそんな顔しちゃダメだよ」と優しく声をかけ、自分がバーテンとして勤務するバーに連れていくのです。この時点でちゃっかりチヒロと手をつないじゃってるノボル、なかなかのチャラ男ですよ。

 バーに入ると、チヒロはお酒の力も手伝ってノボルに元彼のことを愚痴り、いつのまにかそのまま眠ってしまいます。閉店時間になり、チヒロが今夜の宿を決めていないことを知ったノボルは、なんと自宅に泊まることを勧めます! 出会って数時間でお泊まり決定という超スピーディーな展開。この時ノボルが発した「居候がいる」「これも何かの縁だしさ」という言葉が、物語のキーワードになっていきます。

◎旅の恥はかき捨て

 2人でノボル宅へ行き、チヒロがシャワーを浴びていると、噂の居候・北野翔太演じるショウが帰宅。チヒロがいることを知らず、ノボルがシャワーを浴びていると思ったショウはバスルームのドアを開け、チヒロのヌードを見てしまいます。そこにノボルも駆け付けたものの、ドアは開いたまま。チヒロ、なぜ閉めない?

 ショウは自分の知らない間に、ノボルがチヒロを招き入れたことを怒り、彼らは口論という名のじゃれ合いを開始。ノボルに童貞だとからかわれ、「童貞じゃねえし!」と反論するショウ、その返しが童貞っぽいんだよ!

 その後、ノボルとチヒロはノボルの寝室でまったりDVDを観ることに。案の定、DVDのキスシーン中にノボルはチヒロの肩を抱き寄せ、「優しくキスされるのと激しくキスされるのどっちが好きなの?」と問いかけながら、「これとこれ、どっちがいい?」と実践。この手慣れ感、ノボルがいかに遊び人かがわかりますね。

 キス後、チヒロを床に押し倒し、髪をなでたり耳や首筋を舐めたり、洋服越しにアソコをいじったりと、ついに試合開始となったお2人さん。そこに、これまで放置されていたショウが入ってきてしまいます。「ごめん」と言いつつ、退散しようとしたショウですが、ノボルは平然と「これも何かの縁だしさ、せっかくだし3人でしようよ」と言ってのけます。出たー!! ノボルの名セリフ「これも何かの縁だしさ」!! そうです、すべては“縁”なのです。

 そんなノボルに「何言ってんだよ」と言いつつも、部屋を出ていかないショウ。ノボルはチヒロをお姫様だっこしてベッドに移動し、先程の続きを開始。3Pの提案も拒否せず、他の男性の目の前でセックスを続けるチヒロ、「旅の恥はかき捨て」精神が存分に発揮されてますね~。

 目の前でペッティングを見せつけられたショウは、ゆっくりとベッドに近づき「俺もいいの?」と参戦。チヒロとキスをしたショウは「チヒロさんの唇柔らかい」と嬉しそうです。初対面から「チヒロ」と呼び捨てしていたノボルと、きちんと「さん付け」するショウ、2人の女性に対する経験値の違いが出ています。

◎3Pの醍醐味

 チヒロとショウがキスしている間、ノボルはチヒロの胸や耳を愛撫。その後、キス担当と愛撫担当を交換しつつ、チヒロは2人から刺激され続けます。最中、ノボルが「俺とのキスのほうが気持ちいいでしょう?」と聞き、ショウが「俺だよね?」と対抗心を燃やす場面もあり、「もー選べません! どっちも最高! ケンカはやめて!」状態です。

 ショウにキスされ、胸を触られながらノボルにクンニされるという、この世の極楽気分のチヒロは「気持ちいい……」と感じまくりです。1対1のセックスでは絶対にできない「キス+胸揉み+クンニ」。そりゃ、気持ちいいに決まってます!

 ここまでチヒロひとりが全裸でしたが、ノボルがパンツのみの姿になりチヒロからの愛撫を受ける体勢に。それを見たショウもパンツ一丁になります。ノボルの乳首を舐めつつ、ショウにお尻を向けた状態で手マンをされるチヒロ。相手を攻めつつ、自分も攻められる……何をしていても、結局気持ちいいんです。

◎愛しすぎる翔太…

 ノボルへのフェラ後、今度はショウへの愛撫を開始。乳首を舐められただけで「ああ……」と声を出す敏感なショウが可愛い!! 当然、フェラでも喘ぎまくりです。その間、ノボルはチヒロの背中を愛撫していましたが、「ショウが舐められてるの見てたら興奮してきちゃった」と、挿入の準備に取り掛かります。「ショウが舐められてるの見てたら興奮」って、どういうこと!?

 ノボルの発言の真意が気になるところですが、コンドームを付けてバックから挿入。チヒロの下にはショウがいて、胸を触ってきます。後ろから下から、イケメンッ♪

 バックから側位にチェンジし、相変わらずショウからの愛撫も受けるチヒロ。そのままノボルはフィニッシュし、今度はショウの番です。

 正常位で挿入したショウは、またもや「ああー…」と気持ちよさそうな声。こんなに感じてくれるなんて、チヒロも女冥利に尽きますね。初体験らしからぬパワフルなピストン運動をするショウを見ていたノボルは、チヒロの胸を愛撫しつつ「お前、すごいな」と褒めます。「チヒロさんが可愛いから」と答えるショウ、そういうこと言う君が可愛いんだよー!!

 続いて座位に移り、チヒロが腰を動かしショウは胸を舐めまくり。ノボルはチヒロの背中を刺激したり、キスをしたりと、全員が休む暇がありません。

 そしてショウは正常位でフィニッシュ。ショウが「チヒロさん、好きだよ」と言うと、ノボルが「チヒロ、俺も好きだよ」、ショウが負けずに「俺のほうがチヒロさんのこと好きだよ」、するとノボルも「俺のほうがチヒロのこともっと好きだよ」と……。このやりとり、チヒロになり代わって永遠に聞いていたいものです。

 事を終えた3人は、チヒロを真ん中にしてそれぞれ手をつなぎ、ベッドでまったり。交互にキスをしながらニコニコし、とっても幸せそうな光景でした。

 同時収録の「#2『夢だと思えばいいよ。』」では、上司と同僚との刺激的な関係が展開されるとのこと……! こちらもお楽しみに!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク