潤滑しながらデリケートゾーンのケアもするローションが、いかに優秀か

 私はもともと肌のトラブルが少ないほうですが、3月から4月にかけては季節の変わり目のせいか、肌の調子がよくない時期が続きました。化粧品を変えて、よく寝て、しっかり汗をかいたのですが、何をやっても効果がなく、おまけに体調不良のせいでヘルペスまでできて、打ちひしがれていました。先週からようやく持ち直しましたが、肌にしても体調にしても「いつも気を遣っているけど、なんか調子が悪い」ときってありますよね。これといった解消法もなく、やり過ごすうちに調子が戻っている経験は誰にでもあると思います。

 私のなかでは、デリケートゾーンでも同様のことが起こります。生理前から肌がチリチリとした感じに過敏になり、下着が擦れて不快なことがよくあります。いつも使っているデリケートゾーン用のソープが染みるとなると、かなり重症。PMSでイライラしているときに追い打ちをかけるような不快感……。生理が終わればケロッと治っているので、喉元過ぎれば熱さを忘れる状態で、翌月の過敏期間がはじまるまで忘れてしまいます。

 そんな私のもとに超朗報が届きました。TENGAからこの春発売された「TENGA LOVE CARE」。潤滑剤としてセックスライフをサポートするだけでなく、使うほどにこの敏感なゾーンがケアされるという一石二鳥的アイテムなのです。ふだんからケアしていれば、生理前でもそこまで過敏にならなさそう!

◎潤滑効果とケアを両立

 ローションは私にとって不可欠のアイテム。バイブは気持ちよくなるための道具ですが、異物であることには変わりないので、挿入時には潤いをプラスする必要があります。自前の愛液とは違い、ローションにはサラサラしていたり、ねっとり感があったり、さまざまなテクスチャ-のものが用意されています。バイブの素材と相性がいいものを選べば、挿入がとてもスムーズになります。

 セックスでも、同じことがいえます。「私、濡れるから」といってローションを使わないのはもったいないし、十分濡れていないのに彼氏にいい出せなくて使えないのはアホらしい。ちょっと使うだけで「気持ちよくなるまでの準備時間」を短縮して「気持ちいい時間」に変えられるんです。

 ただしそれは、質のいいローションにかぎります。そうでないと、早々に乾いてしまって、ローションを注ぎ足すはめになります。これは、とても面倒。

 また、乾いたローションがカピカピになった透明のかさぶたのようになって肌に残ると、不快感があります。そして、肌が荒れます。先述したように肌トラブルが少ない私でも、かぶれたような痒みが出ることがあります。膣を守るため&楽しい時間のために使ったローションで、そんなトラブルが起きるのは御免です。

 そこにきて、この「TENGA LOVE CARE」です。トラブルどころか、肌をケアしてくれるんだから、ありがたいです。主成分は、2種類のヒアルロン酸。化粧品でもおなじみの成分ですが、ここでは医薬品研究所から生まれたナノレベルの超低分子ヒアルロン酸が含まれるので、肌にぐんぐん浸透していきます。これによって保湿した肌は、卵由来の食品系酵素「リゾチーム」で保護されます。

 潤滑剤として使っているうち、知らず知らずのうちにケアされているって、とても画期的です。チューブから出てくるローションは透明で、香りはほとんどありません。

 サラサラしていながら、ジェルのようなもっちり感もあるテクスチャで、たしかにこれは洗顔後に使う美容液のよう。手に取るとその瞬間から、すっと肌になじむ感じです。潤滑剤として使う場合も、少量でたっぷりの潤いがプラスされるのでドバドバと量に頼る必要はありません。

◎使いつづけたくなるローション

 ローションの使用前には、まず手の甲に出してその質感を確認するのが私の習慣ですが、その状態でしばらく放置してから拭いました。すると、ローションを塗っていた部分が、明らかにしっとりしている! いま使っているハンドクリームよりたしかな効果を感じました。顔にも使えそうなほどのクオリティです。「顔と同じようにデリケートゾーンをケアする」のが理想ですが、これまではケア用品の選択肢が少なく(あってもお値段が高すぎたり)、デイリーに使えるものを見つけられずにいた私としては、「やっと会えたね」といいたいぐらい!

 お値段的にもケチケチ使わずにすみそうですが、そうやって毎日使いつづけると次第に黒ずみが軽減されるかも……というウワサも聞きました。ブラジリアンワックスで無毛にして以来ずっと、黒ずみが気になっている私。しっかり保湿して、下着や衣類との摩擦によるダメージを少なくすれば、なるほど黒ずみは解消されそう。これについてはしばらく経過を見て、あらためてご報告したいですね。

 セックスやマスタベーションをしないときにも、ケアとして自分のデリケートゾーンに触れることはとても大事。触れない&見ないところ=存在しないところになってはいませんか? 自分が意識を向けないところを、パートナーには「大事にしろ」と求めるのはなんだか矛盾しています。自分が大切にしてこそ、相手からも大切にしてもらえる。「TENGA LOVE CARE」でのお手入れは、そのための第一歩です。
(桃子)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!