【連載】おおしまりえの婚活スポットリアル調査2

広さ2畳の激せま焼肉店で立ち飲み婚活 肉はウマいが、果たして出会いは……?

rokkakai4_mini.jpg
ガード下の立ち飲み焼肉店

 “出会える”焼肉店があるらしい。その名も「六花界」。実は1年ほど前に友人から教えてもらい、ずーっと気になっていました。最近、テレビ番組で取り上げられることもあると知り、ますます興味がそそられます。今回は、そんな特別な焼肉店に突撃してきました。

■激せま焼肉店「六花界」とは?

 JR神田駅から徒歩30秒で到着するガード下の焼肉店、六花界。なぜ特殊な店なのかというと、お店の広さがありえないのです。その広さ約2.2畳! 一体どうやって肉を楽しむのかと思いきや、スタンディングで2つの七輪をお客さん同士でシェアしながら楽しむといいます。まさに一体感の感じられる焼肉が魅力です。

 平日午後8時。女2人組でお店へと向かいます。入り口に扉はなく、ビニールシートで一応覆われた店内に先客は9名。「入れるかなー」と不安になりながらのぞくと、「いけます」とのこと。先客のみなさまにグイグイ奥に詰めてもらい、ひとまず場所を確保します。ちなみに、このあともお客さんがどんどん入り、15人までは入店しました。といっても最後の人は後ろのほうでお酒を楽しむだけ。混み具合は運らしいので、みなさんトライしてみてください。

 肉は種類にかかわらず1皿一律500円ですが、オススメは盛り合わせ1人前1,000円とのこと。まずはそれを2人前と、お酒(ソフトドリンク含め、一律400円)を注文。

rokkakai3_mini.jpg
盛り合わせ2人分

 お酒が到着するやいなや、店員さんが急に仕切りだします。

「それでは新しいお客さまがいらっしゃったので、みなさまグラスをお願いします!」

 そうなんです。このお店のコンセプトは一体感。新しいお客さんが来るたび、全員でグラスをぶつけ合い、乾杯してから飲食がスタートするんです。

■落ち着きはないけど焼肉ウマー!

「かんぱーい!」

 と、知らないオッサン、お姉さんたちと挨拶し合い、焼肉タイムがスタートです。盛り合わせは日によって多少内容が異なるようですが、ホルモンやロース、ソーセージなどがのって、かなりボリューム感があります。この肉を、共用の七輪で焼いていきます。

 さっそく1つ1つ焼いて頬張りますが、これがウマい! 正直ゆっくり味わう余裕がないのが残念ですが(立ち飲みなので、とにかく落ち着かない)、味はかなりイイ感じ。シェア七輪は肉を間違えそうになりますが、みなさんと譲り合うのがまた新鮮で、結構楽しいです。

rokkakai2_mini.jpg
七輪はお客さん同士で共用

 このお店は日本酒もかなり充実しているらしく、店員さんいわく「ライスの代わりに日本酒を楽しんで!」とのこと。こちらもラインナップは日により変わるそうなので、それを目当てに行くのも楽しそうですね。

ハイヒールだとつらいわね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー