誕生日にも駆けつけず……

トム・クルーズ、サイエントロジーの教えにより愛娘スリと約1000日会えていない!?

TomCruise05.jpg
愛娘より信仰を取るって、立派なのかなんなのか

 50歳を過ぎても危険なスタントに挑戦し、スリル満点のアクション映画を世に送り出しているトム・クルーズ(53)。ハリウッドのトップスターでありながら、がむしゃらに撮影に臨む彼の姿勢は世界中で高く評価されており、昨年公開された『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は全世界で累計興行収入6億8,230万ドル(約744億円)を記録した。

 そんなトムに今、大きなネガティブ報道が流れている。2006~12年まで結婚していた3番目の妻ケイティ・ホームズ(37)が産んだ愛娘スリと、もう1000日近く会っていないというのだ。

 今月18日に10歳の誕生日を迎えたスリは、17日の日曜日、ニューヨークの人気レストランで、ケイティ、母方の祖父母、2人の友達と共にランチでお祝いした。デザートのクッキーは持ち帰り、セントラル・パークで食べるなど、こぢんまりした幸せなパーティーだったと米芸能誌「People」は伝えている。しかし、米大手ゴシップ芸能サイト「RadarOnline」が公開した当日のスリの写真は、どれも不機嫌そうな顔ばかり。幼少の頃から変わらずピンクが好きなようで、ピンクのワンピースに、ピンクの靴、ピンクリボンの髪留めをしているのだが、気分までは明るくならないのか、暗い表情なのである。

 同サイトは、スリの気分がイマイチ盛り上がらないのは、父親であるトムと会っていないからだと説明。情報筋の話として、「トムはスリともう928日間、顔を合わせていない」と伝えた。

 トムはケイティが妊娠したとき大喜びし、誕生後も目に入れても痛くないといったような溺愛ぶりだった。離婚後、第一親権はケイティに渡ったために一緒に暮らさなくなったが、成長するにつれ、ますます自分に似てくるスリのことを、かわいいと思わないはずはないだろう。だが、トムが信仰する新興宗教サイエントロジーには「教団を脱退した者とは、愛する者であっても連絡を取ってはならない」という規則がある。この教えを守るため、トムはスリと会おうとしないというのだ。

 トムは1990~01年まで結婚していた2番目の妻ニコール・キッドマン(48)と共に、イザベラ(23)とコナー(21)を養子に迎えているが、この子たちとは頻繁に会っている。というのも、2人ともサイエントロジー信者であり、なんら支障がないからだ。昨年10月にイザベラが結婚した時はその費用をトムが支払っており、コナーがDJを務めるイベントにも顔を出している。この子どもたちは、教団を去ったニコールとは連絡を取っていないと報じられており、ニコールも13年に雑誌のインタビューで「子どもたちはサイエントロジー信者。彼らの信仰心は尊重する」と発言、交流することをあきらめているようだ、と話題になった。

教団を振り切って飛行機に飛び乗る、という練習をこの映画でしてたと信じたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー