「布で窓を覆う」はNG!! カーセックスを楽しむための注意点

カーセックスに最適な場所や楽しみ方を教えてください。

<美和子さん>25歳/独身女性

 ロリルミさんこんにちは。

 先日彼氏にカーセックスがしたいと言われました。私はカーセックスや青姦など、“誰かに見られるかも”というAVを見ても興奮しないため、まったく乗り気じゃありません。

 でも、一回くらいならいいか……と思っているのですが、私は都内在住で、彼氏の車の窓ガラスは透明。バレにくい場所や楽しみ方をお伺いできると嬉しいです。

---------------------------------------

 美和子さん、こんにちは。カーセックスにチャレンジする予定とのことですが、やはり困るのが場所選びですよね。もし誰かに見つかれば公然わいせつで逮捕される可能性もありますし、偶然見てしまった人が不快な思いをしかねないので、十分に注意したいものです。

 ちなみに私が過去にカーセックスをした場所は、河原やあまり使われていない駐車場で、いずれも深夜に行いました。どちらもめったに人が来ないような場所でしたが、駐車場はごくたまにカップルが乗った車が来てしばらくステイする……ということもあったので、もしかすると近隣の人々にとってはカーセックスの穴場として重宝されていたのかな? と思います。とはいっても、他の車も絶対にカーセックス目的で来ているとは限らないので、誰かが来たらセックスを中断するのが安全です。

 また、「誰かに見られるかも」との不安から布などで車の窓を覆って行うと、万が一通報された場合に警察官がやってくるのも気がつかず、窓を「コンコン」とノックされてセックス現場を抑えられてTHE END……なんてことも考えられるので、そうした工夫はしないほうがいいと思います。同じような理由で、洋服も全部脱がないほうがいいでしょうね。男性はちんちんのみを出し、女性は愛撫や挿入がしやすいスカートやワンピースで、着衣セックスを楽しみましょう。

 細心の注意を払ってベストな環境が整ったら【カーセックスからの青姦コース】をぜひ試してほしいです。車内でペッティングを一通り済ませた後、外に出て立ちバックで挿入したり。特に、夜になると星が見えるような自然豊かな場所で行うと、ロマンチックかつ解放感もあり最高! 美和子さんは都内在住とのことですが、もう少し暖かくなったらドライブがてら自然豊かな場所まで足を延ばしてカーセックスするのもオススメです。ただし、いろんなところを虫に刺されることがあるので、虫よけグッズを忘れずに!

 あと、カーセックスをする際にはデリケートゾーン用の拭き取りシートやウェットティッシュも必須です! カーセックス前はシャワーを浴びることができないし、ハンドルやシートベルトなど車内で手に触れる部分は衛生的にあまりよろしくないので、まんまんやちんちんだけでなくお互いの手もきちんと拭いておきましょう。

 普段のセックスより注意力が必要なカーセックスですが、美和子さんと彼のいい思い出になることを願っています☆

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!