男前芸人のウラの顔

“吉本解雇”ベイビーギャング・北見のウラの顔! 「AKB食いで有名」「先輩芸人にオンナ斡旋」

2016babykitami.jpg
『ベイビーギャング北見のハンサム・トーク』(竹書房)

 お笑いコンビ・ベイビーギャングの北見寛明が、過去に無免許運転による道路交通法違反で2度逮捕されていたこと、そして所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇されたことが判明した。“ナンパの神様”という異名を持った北見だが、かねてから問題視されていた女性関係ではなく、道交法違反での逮捕という形で業界を追放されたことに、周囲の関係者も驚きを隠せないようだ。

 かねてから“チャラ男キャラ”で知られる北見は、バラエティ番組の企画でナンパを披露するなど、女性からモテモテであることをネタにしていた。

「カラテカの入江慎也や、雨上がり決死隊の宮迫博之など、先輩芸人との合コンで女性を調達することを得意としていたようです。ナンパ師さながらの攻め落としで、実際に“食った”とされる女性には、有名グラビアアイドル、AKB48の有名メンバーの名前も浮上していたほど。女癖は最悪でした」(芸能プロ関係者)

 そんな北見の無免許運転は、“裁判傍聴芸人”阿曽山大噴火によって明るみに。阿曽山が14日に出演したラジオ番組『北野誠のズバリ!』(CBCラジオ)で、13日の北見の裁判をレポートしたことにより世間に広まった。北見は3年前にも同じ罪で執行猶予判決を受けており、今回有罪となれば収監されることとなる。公判には、北見の相方・りんたろーも出廷し、北見を「一生のパートナーです」と情状酌量を求めたという。

「吉本サイドはラジオで初めて事件を知り、放送当日に北見本人に事情聴取を行ったようです。北見は『今後も芸人として活動したい』と泣きを入れたものの、過去の事件も含めて報告をしなかったことを問題視され、その場で解雇処分が下されることとなりました」(北見と面識のあるお笑い芸人)

 なお、吉本の“一発解雇”に関しては「自らの意思による退所ではなく、会社判断での解雇というのは、元極楽とんぼの山本圭壱以来では。謝罪や謹慎の事例は数あれど、その場で解雇が決定というのは、会社に黙っていたことをよほど悪質とみなされた結果でしょう」(同)。

 りんたろーについても、「事務所への報告を怠ったという点では北見と同罪。裁判での『一生パートナー』発言からも、今後吉本に居場所はない」(同)という。コンビ揃って、近年の芸能界では珍しいほどに、逮捕に関して甘い認識を持っていたようだ。

北見、Twitter最後の言葉が「力になりたい☆」

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク