恋敵役とは……?

菅田将暉に「福山雅治を完全に食ってる」の声! 月9『ラヴソング』の“唯一の見所”に?

2016sudaplof.jpg
トップコートオフィシャルサイトより

 全話平均視聴率21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した『ガリレオ』と同じスタッフ陣が再集結、フジの“勝負作”となるはずだった福山雅治主演月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)が大爆死した。11日放送の初回が10.6%という2ケタギリギリの数字で、福山に対する“不要論”まで巻き起こっている。その一方で、ある共演者については「福山を完全に食っている」「唯一の見どころ」と称賛されているようだ。

「『ガリレオ』チームで福山主演なら……という、フジならではの企画の安直さが完全に裏目に出ました。初回はベッドシーンからスタートしたのですが、ネット上では『首の肉づきがおじさん』『もっと若い頃にやるべきだったドラマ』など、同ドラマの主役を演じるにしては年を取りすぎていると指摘する声も多く聞かれます」(週刊誌記者)


 そんな福山への厳しい評価とは対照的に、絶賛されているのが、福山の演じる主人公の恋敵役を務める菅田将暉。2009年に『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)でシリーズ最少年にして初出演&初主演デビューを飾り、その後は、インタビューで「暇を惜しんで働きたい。質も大事ですが量もやっていきたい」と答えているように、すでに50本を超すドラマや映画に出演している。

「若手俳優の中でも群を抜いて出演数が多く、今年は現時点で9本の映画に出る予定。いま最も注目される若手実力派俳優の1人です。菅田を使いたいと思う監督やプロデューサーも多く、各プロダクション関係者からは『オーディションに行くと必ず菅田の名前が先に入っている』という声が。公開は未定ですが、寺山修司の長編小説『あゝ、荒野』(角川文庫ほか)の映画化作品でも、すでに主演が決定しています」(芸能プロ関係者)

 世間から注目され、人気も高い俳優のため、当然のように広瀬アリス、新川優愛などの女優陣との熱愛がささやかれてきた。最近では映画『王様とボク』、ドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)で共演した実力派女優・二階堂ふみとウワサになった。三軒茶屋で路上ライブをしたり、表参道でWデートする姿が報じられている。

「双方ともに交際を否定していますが、彼女とは本当に友人関係。音楽やファッションの趣味が同じで、プライベートでも多くの時間を共にする“ソウルメイト”なんだそう」(前出・記者)

 公私共に順風満帆の菅田だが、この殺人的スケジュールの中で「つい最近になって、英会話を習い始めたという話も聞きます。ハリウッドデビューを見据えてなのかもしれません」(同)というが、まずは“瀕死”の『ラヴソング』に尽力してほしいものだ。

桜坂を転がり落ちてゆくましゃ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!