CDの売れない時代に……

「タイアップがつかない」新田恵海AV騒動であわや1億2,000万円損失の可能性も?

nittaemi_music2.jpg
新田恵美Music Web Siteより

 4月5日に「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)が報じ、ネットでも拡散して大騒ぎなのがアニメ『ラブライブ!』などで人気の声優・新田恵海と思われる人物が出ているAV作品。ダウンロードやDVDの再発が決まるなど、メーカーやエッチな好事家は笑いが止まらないといったところか。

 他方で、新田本人のみならず、大ダメージを受けている人ももちろんいる。

「彼女の所属事務所『S』と、レコードレーベルの『ブシロードミュージック』ですよね」(声優雑誌ライター)

 では、具体的にはどれくらいのものかというと……。

「『ラブライブ!』の主人公の声ということで、ソロ活動で2nd、3rd、4thシングルにアニメ作品のタイアップが付きました。CD不況といわれる中でも、タイアップ効果で常に売り上げ1万枚ほどをキープしているから立派です」(レコード会社スタッフ)

 タイアップが付くのと付かないのとでは、宣伝効果がまるで違うのは、ご存じの通り。

「しかし、今回の報道で、売れる枚数も2,000~3,000枚ほどは変わるでしょう。今までの彼女が歌っていたアニメ曲は小学生から大学生がメインユーザー。つまり健全性を求めますから、事務所が否定しているとはいえ『AV出演疑惑』のある彼女を今後、テーマ曲に起用するメリットなんてないでしょう。そうなると限定盤と通常盤がありますが、おおよそ1,500円のCDが3,000枚減だと450万円のダメージかと」(同)

 もっと深刻なのが、ライブとグッズであると、声優事務所関係者は言う。

「いまやアーティストもそうですが、音源の売り上げよりもライブのチケットやグッズの販売、そしてDVDの方が重要です」

 6月には約5,000席のパシフィコ横浜、7月には神戸で2,500人ほどの会場でそれぞれライブが予定されている。だが、騒動直後、一時は最悪の事態も想定されたという。それが上記ライブの中止である。

「本人の精神的ダメージやネットへの殺害予告の書き込みまで出たので、事務所幹部たちの中では『ライブやる?』『今年はやめておいたほうがよいのでは?』という話まで出たそうです。仮に2カ所のライブが万が一中止になった場合の損失ですが、チケットだけで5,700万円ほど。当日の物販や事前受注を合わせて、グッズは3,000万円くらいの損失を想定。さらにライブを収録したBlu-rayで3,000万円くらいでしょうか」(同)

 ここまでの数字をザッと合わせると、1億2,000万円以上!!!

「結局、ライブは決行のようなので、そこまではないと思います。しかし、コンサートチケットの先行販売分が、やはり当初の計画よりニブいそうで、ダメージは少なくないですね」(代理店関係者)

 このまま何事もなく、すべて無事にいくことを願いたい。
(白猫)

ニコ生は放送延期

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー