しいちゃんの芸能解説講座【裏】

元・愛内里菜が150万円借金告白、華原朋美は片思い宣言! 90~00年の歌姫は今

kahara-single.jpg
「君がそばで」/ ユニバーサル ミュージック

編集S NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」で、宇多田ヒカルが5年半ぶりに音楽活動を復帰したって話題になってるね。私のなかでは、宇多田って歌姫というよりは、ダイエットの指標だからさ。宇多田が痩せたらダイエット始めるし、宇多田が太れば一緒に太る、ソウルメイトならぬバディメイトなのよ。しかし、宇多田全盛期の1990年代終わりから2000年代は、雨後の筍のように「歌姫」が登場したよね。

しいちゃん そうそう、98年4月に歌手デビューし、今年18周年を迎えた浜崎あゆみももう37歳。バックダンサーを務めていたSHU‐YAが、4月12日の公式ブログで「この度、ダンス以外の方面へも本格的に挑戦したいと思い、2004年末から続けさせて頂いているあゆダンサーを卒業する事となりました。色々な景色を見させて頂きました」「もちろんあゆちゃん本人と色々と話し合って出した結果ですので、ご心配なく!」と発表してたね。

編集S バックダンサーって要するに浜崎の喜び組みたいな存在でしょ。

しいちゃん そうね。SHU‐YAとは、元バックダンサーで元カレの内山麿我よりも前から仲がよく、15年8月に発売されたミニアルバム『sixxxxxx』の収録曲「Summer diary」のMVや、15年12月に発売されたアルバム『Winter diary~A7 Classical~』の収録曲「Winter diary」のMVで恋人役として共演。あまりのイチャイチャぶりに不倫疑惑が出てたね。

編集S 浜崎のドラマ仕立てのMV、最後まで見たことある人ってどのぐらいいるの? 浜崎だけノリノリで撮影している気がするけどね。タッキーこと滝沢秀明をはべらせていた細木数子を思い出すわ~。

しいちゃん ダメよ、それはもうタッキーの黒歴史なんだから! でね、その浜崎を意識して売り出されたと言われるのが愛内里菜。00年にデビューし、03年には『NHK紅白歌合戦』に出場を果たしたけれど、甲状腺の病気のため10年に歌手を引退。4月10日の「NEWSポストセブン」のインタビューによると、現在、愛内はペットグッズやフードなどのドッグブランド「Bon Bon Cosine」をプロデュース業を中心にしながら、15年に本名の「垣内りかこ」に近い「垣内りか」に改名して歌手活動を再開したそう。愛内ももう35歳なのね。

編集S あれでしょ、とりあえず『名探偵コナン』(読売テレビ)の主題歌を歌う人! 「恋はスリル、ショック、サスペンス」が『コナン』のオープニング曲になったとき、コナンがパラパラ踊ったのは衝撃的だったわ~。一緒にみてたうちのかーちゃんがお茶を気管支に入れて、5分ぐらい涙目になったんだから!

りゅうちぇるはまだまだ伸びるわよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー