[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・大野智『世界一難しい恋』初回12.8%! ファン大興奮も「主演ドラマワースト更新」

2016sekamuzu.jpg
『世界一難しい恋』(日本テレビ系)公式サイトより

 嵐・大野智主演の連続ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)第1話が13日に放送され、平均視聴率が12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。初回が2ケタ超えの好発進に加えて、ファンからは「まさに見たかった大野さん!」と好評を得ているようだ。

 大野にとって初のラブコメとなる同ドラマ。大野演じる老舗旅館の跡継ぎである敏腕若社長は、ヒロインの波留演じる従業員に一目惚れ。変わり者のため、恋愛経験値が著しく低いものの、不器用ながらに彼女を振り向かせるため奮闘する……というストーリーだ。

 放送中から、ネット上では大野ファンが大盛り上がりで、「若社長の大野さんがヒロイン以上に可愛い!」「一目惚れしてからは、とにかく可愛かった」「いろいろな表情や動きが見られてうれしい」と嬌声が上がった。その一方でファン以外からは、「童顔すぎて社長に見えない」「演技が『怪物くん』と一緒」といった演技面に関する不満の声も出ている。

「ファン評の高さに加えて、今期は福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)が10.6%の低視聴率発進だったこともあり、12.8%という視聴率に対する評価が底上げされているのかもしれません。しかし、過去のゴールデン/プライム枠での大野主演作の初回視聴率では『魔王』(TBS系)が14.0%、『怪物くん』(日本テレビ系)が17.5%、『鍵のかかった部屋』(フジテレビ系)18.3%で、『世界一難しい恋』は過去最低値となっています。また嵐メンバーの直近の主演連ドラの初回視聴率と比較してみても、櫻井翔の『家族ゲーム』(フジテレビ系)12.0%には勝っているものの、相葉雅紀の『ようこそ、わが家へ』(同)13.0%、松本潤の『失恋ショコラティエ』(同)14.4%、二宮和也の『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)13.4%を下回ってしまいました」(芸能ライター)

 また『世界一難しい恋』は、日テレが高視聴率を期待する大きな理由があったようだが、「残念ながらそれに応えられなかったようです」(芸能誌編集者)との声も。

「前クールの堀北真希主演『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』こそ低空飛行のまま終わりましたが、『花咲舞が黙ってない』や『偽装の夫婦』など、高視聴率を連発した日テレの水曜午後10時枠は、同局にとっての“鉄板枠”。さらに今期は、裏のフジテレビが連ドラ枠を廃止したことから、制作側としては14~15%を見据えていたことでしょう」(同)

 数字的には「もうちょっとほしかった」という出だしだが、脇を固める小池栄子や杉本哲太らの演技も好評だけに、今後の伸びしろに期待したいところだ。

お風呂シーンというファンサをどうもありがとう……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー