狩野、厄年かな

違法ギャンブル店長、“ネタ”売り込み!? 「通っていた有名人」告発で狩野英孝ピンチか

kanoeikoo.jpg
『ようこそ!イケメン☆パラダイス』/Amuse Soft Entertainment,Inc.

 元交際相手であるモデル・加藤紗里のテレビ露出増加により、6股騒動がいまだネタにされているお笑いタレント・狩野英孝。とはいえ、離婚後に女性関係が発覚したため、ベッキーや乙武のように不倫でバッシングされることはなかったが、そんな狩野に新たな問題が浮上しているという。

「ギャンブル通いですよ。バドミントンの桃田賢斗選手などが通っていたことで、違法ギャンブルで遊んでいた有名人がウワサになっていますが、狩野は2008年に違法ギャンブル通いを週刊誌やスポーツ紙で報じられていますからね。今回の騒動で、事務所スタッフも『もう行ってないだろうな?』とあらためて確認したところ、本人は笑いながら否定したそうですけどね」(バラエティー番組スタッフ)

 しかし、元芸人Aさんは狩野のギャンブル狂いの過去をこう語る。

「ギャンブル通いが報じられる前、狩野さんと同じ闇スロット店に出入りしていたんです。狩野さんからは、先輩のドロンズ石本さんに誘われてハマったと聞きました。しばらくして、狩野さんはブレークしましたが、その後も闇スロット店に通っていたため、店員が『有名人が顔を出すと目をつけられる。摘発されるからもう来ないでくれ』と注意したにもかかわらず、変装してしばらく通っていましたよ。かなりの依存症だったと思います」

 結局、その店は摘発を警戒し、しばらくして閉店したという。しかし、狩野の違法ギャンブル通いは止まらなかった。

「イニシャルでしたがスポーツ紙で、狩野の違法ギャンブル通いが暴露されたことがあったんです。事務所スタッフが『2度と行くな』と口酸っぱく注意したそうなんですが、その後もしばらく闇スロ店での目撃情報がありましたからね。違法ギャンブルはそう簡単にやめられないので、今でも出向いている可能性はありますよ。また、今は桃田選手らが出入りしていた違法ギャンブル店の元店長が、マスコミに情報を売り込んでいる状態。その元店長は『ほかにも通っていた有名人がいる』と、ネタを小分けにして売り込んでいますからね。その有名人が狩野でなければいいですが……」(週刊誌記者)

 “スタッフ~”の忠告を無視して通っていた狩野。痛い目に合うのは女性関係だけだといいが……。

本人よりうまいことネタ使えてるじゃん!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!