【連載】駆け出し芸能記者「おねむ」のこぼれネタ報告

小栗旬、タクシー運転手に「俺が誰かわかんないの?」としょんぼり帰宅

2015oguriplof.jpg

 特ダネをつかむべく芸能人が出没する街をさまよう記者1年目の「おねむ」が、日々の取材活動でつかんだ芸能人の目撃情報を報告。

 1980~90年代生まれの人なら一度は憧れたことがあるのでは? ドラマ『花より男子』(TBS系)で花沢類を演じた小栗旬くんは、白馬の王子様を待つ多くの女性を虜にしました。甘いルックスに優しい笑顔。上品な雰囲気を感じさせ、どこにも粗が見つからない。記者・おねむもまた彼の笑顔を何度も録画再生していた1人です。20年以上生きていますが、いまだに白馬の王子様は見つかりません。

 3月某日深夜3時、おねむはタクシーに乗って自宅へと向かっていました。いつでもどこでもスクープの芽を探すのが芸能記者の仕事。おねむは必ず、タクシーの運転手にも取材を試みます。ですがこの日は、思いもよらない話が飛び出しました。

「そういえば、前に小栗旬さんを乗せましたよ」

 なんだって!? 一気に眠気は冷め、おねむはメモ帳を広げて身を乗り出しました。運転手のおじいちゃんは私の食いつき様に驚いたようです。

「その話詳しく教えてください!!」

「えっとね、配車を頼まれて目黒のバーに向かったら、とってもかっこいい男の子が出てきてね。でもすごく泥酔してたんだよ。もう乗る前も仲間とわーわーうるさくって。乗って進みだしたら、『おじさん俺のこと知ってる?』なんて聞いてきたんです。泥酔していたし、正直あまり芸能人に詳しくないものだから、『ごめんなさい、わかりません』と答えて。そしたら彼、ものすごく驚いて『え、本当にわからないの?』って何度も聞いてきました。あんなドラマやこんな番組に出てるって言うんだけど、若い人の番組はあんまり見ないものだから。『ごめんなさい、やっぱりわかりませんね』って言ったら彼、ものすごくしょんぼりしちゃったんですね。そのまま無言で帰っていって。なんだか申し訳ないことをしました」

 それはしょんぼりしたことでしょう。現在は山田優と結婚して落ち着いてしまいましたが、私たち花男世代にとってはいつまでも「花沢類様」であり、一時ほどの人気はないものの根強いファンは多いです。

「それで、帰って家内にその話をしたら、『それ小栗旬くんじゃないの?』って言われてわかったんです。家内は大騒ぎでしたけどね」

 やっぱり、小栗旬くんも人なんですね! 「芸能人だと気づかれたい」と思う彼に少し親近感を抱きました。この日もいいネタは取れませんでしたが、いい話が聞けたなぁ、とルンルン気分で帰宅し、久しぶりに『花男』を見て朝を迎えたのです。
(おねむ)

あの時君は若かった

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに