『あさが来た』超えが期待される中

朝ドラ『とと姉ちゃん』、今世紀2番目の初回視聴率も……低迷を予感せざるを得ない理由

totomitsuki.jpg
『とと姉ちゃん part1―連続テレビ小説』(NHK出版)

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(高畑充希主演/月~土曜午前8時~)が最高のスタートを切った。

 初回視聴率は22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、2001年度後期『ほんまもん』(池脇千鶴主演)の23.1%に次いで、今世紀2番目の高い数字を記録。また、第1週(4月4日~9日)の週平均視聴率は21.7%で、今世紀最高視聴率(全話平均23.5%)をマークした前作『あさが来た』(波瑠主演)の第1週平均20.3%を大きく上回り、各日の視聴率は4日22.6%、5日22.2%、6日20.7%、7日21.5%、8日22.1%、9日20.9%で、全日大台超えでパーフェクトな発進となった。

 これだけ視聴者の高い関心を示しただけに、『あさが来た』超えも狙えるのではといわれているが、本当に安泰なのだろうか?

 一般的に、朝ドラの第1週の視聴率は、どの作品でも高い傾向にある。最近では、全話平均で20%に届かなかった『まれ』(15年度前期、土屋太鳳主演)でさえ、21.2%もあったのだ。『まれ』は第2週まで、20%超えをキープしたが、第3週で大台割れすると、その後はほとんどの週が10%台に終わった。
 
『とと姉ちゃん』の第1週は子役による演技であったため、ヒロインである高畑の出番は、ほぼなかったが、第2週より本格的に登場。ドラマの設定上、やむを得ないとはいえ、実年齢24歳の高畑が、高校の制服姿で演技するという、なんとも無理な状況となっている。

 不安点がなくはない。西島秀俊や向井理といった主役級の俳優が脇を固める豪華キャストで臨んでいるが、主人公・常子(高畑)の父・竹蔵(西島)が第1週にして、早くも亡くなり、目玉が1つなくなってしまった。『無痛~診える眼~』(フジテレビ系/15年10月期)など、ここ最近主演した民放ドラマが不振の西島だが、中高年女性からの人気は健在だ。朝ドラの主たる視聴者は主婦層だけに、西島が消えたことで視聴率が下がってしまう可能性もある。

 文句がつけようがないスタートを切った『とと姉ちゃん』だが、果たして、このまま順風満帆に進むのかどうか? 注目が集まる。
(森田英雄)

西島、おばちゃんファン大事にしてこ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー