アーノルドの能天気ぶりもすさまじい

スヌープ・ドッグがギャング時代を彷彿させる鬼の形相で、アーノルド・シュワルツェネッガーを罵倒!

SnoopDogg02.jpg
激怒した後にすぐマリファナでラブ&ピース精神を取り戻るスヌープおじさん

 2008年に無抵抗の男性を殺害したとして、禁錮16年の判決を受けた男が今月3日に刑務所を出所したことが明らかになった。男の名はエステバン・ヌニェス、27歳。俳優で元カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガーの政治的盟友だった、元同州下院議長ファビアン・ヌニェスの息子である。エステバンは、08年10月に友人と2人でルイス・サントス(享年22歳)を刺殺した罪で逮捕、起訴された。エステバンと友人はパーティーに参加させてもらえないことにイラ立ち、酔った勢いで、無抵抗だったルイスをナイフで刺殺したと報じられている。

 エステバンは禁錮16年に処され、10年6月に服役した。11年1月、アーノルドが州知事を退任する日に、エステバンは禁錮16年から7年に大幅減刑された。刑務所の中では模範囚だったことから、このたびさらに早く出所することに。エステバンの家族は「我々の息子は、きちんと罪を償った。更生した」という声明を発表し、釈放を喜んだ。なお、エステバンは今後3年は保釈期間となり、制限のある暮らしをすることになる。

 ルイスの遺族は、11年にエステバンが減刑された直後、「アーノルドは、州知事を退任するどさくさにまぎれてエステバンを減刑した」として、「減刑を認めるべきではない」と訴えを起こした。裁判官は遺族の心情を理解しつつも、「減刑は不法ではない」と退けた。アーノルド自身は、「禁錮16年は長すぎるから減刑した」と説明。「減刑したことは良かったと思っている」「もちろん、友人を助けるのも良いことだし」と発言し、世間の批判を浴びた。

 現在、アメリカのメディアは、エステバンが最初に下された判決よりも10年以上早く出所したことを大々的に報道。「アーノルドは公私混同する最低な政治家だった」とバッシングする声が上がっているが、そんな中で、1990年代に泣く子も黙るハードコアなギャングスタ・ラッパーだったスヌープ・ドッグが、アーノルドを強く批判する動画をSNSに投稿。話題を集めている。

Fuck. You. Dogg head bitch

snoopdoggさん(@snoopdogg)が投稿した動画 –

 スヌープは12日、インスタグラムにエステバン釈放のニュース記事と、「牛のクソほど臭ぇじゃねぇか、ふざけんな!」「アーノルドはノーベル平和賞候補のトゥッキーは助けなかったクソ」「フ●ック・ユー、アーノルド。さっさと散れ!」という怒りのメッセージを投稿。その後、怒りに任せて複数の動画を投稿した。

 ここ数年、マリファナ好きな「いつも変なこと言ってるスヌープおじさん」として幅広い層から人気を得ている彼だが、動画のスヌープはギャング全盛期を彷彿させる恐ろしい顔をしている。動画では、怒りに満ちたスヌープの顔を下から写しており、なおかつ薄暗い白黒動画という点も恐ろしさを倍増させている。

 最初の動画で、スヌープは、「アーノルド・シュワルツェネッガーは正真正銘のビッチだ。マザー・フ●ッカーだ。あんなクソ野郎をムショから救い出すくせに、トゥッキー・ウィリアムズは見殺しにした。クソ野郎が、ダチのガキだからって助けたんだよ。関係ねぇじゃねぇか。ふざけんな」「マザー・フ●ッカーめ。マジでムカつくぜ。人種差別主義者のクソ野郎。フ●ック・ユー、アーノルド・シュワルツェネッガー」と汚い言葉でアーノルドをののしった。

 2つ目の動画で、スヌープは、「(差別発言を繰り返す大統領候補の)ドナルド・トランプでうんざりしているところに、またマザー・フ●ッカーかよ。アーノルド・シュワルツェネッガーはビッチだ。犬程度の脳みそしかねぇビッチだ。フ●ック・ユー」「お前らなんて怖くねぇぞ、オラ!」と挑発する動画を投稿。

 最後の動画はカラーで、スヌープは、「これは白人特権以外のなんでもねぇよ」「アーノルド・シュワルツェネッガー、てめえをシメる日を楽しみにしてるぜ。ドナルド・トランプと一緒に大統領選に出ろよ。2人まとめてヤッてやるからな」と息巻く。そして、アーノルドが犬を抱いておどけている写真を投稿し、「フ●ッキング」というメッセージを添え、一連のディスを締めくくった。

 スヌープがここまでアーノルドに激怒している理由は、79年に2件の強盗殺人容疑で逮捕され、無罪を主張し続けていたものの、81年に死刑判決を受けたスタンリー・“トゥッキー”・ウィリアムズの死刑を回避しなかったことにある。

 悪名高きストリートギャング「クリップス」を、全米で最凶のギャングへと拡大させたスタンリーは、死刑判決後も無実を主張。一方で、収監後は改心し、「暴力やギャングに関わるな」と子ども向けの本を執筆し、多くの子どもたちを救った。スタンリーのリアルでパワフルな言葉は高く評価され、ノーベル平和賞に4回、ノーベル文学賞に3回、ノミネートされている。

 スタンリーに対する助命嘆願活動は活発に行われ、死刑の是非論争にも発展。自身も「クリップス」のメンバーだったスヌープは、友人であるスタンリーの死刑執行中止を求め、数千人が集まったデモ運動にも参加。しかし、当時カリフォルニア州知事だったアーノルドは、「スタンリーが有罪だという動かぬ証拠がある」とし、「謝罪もしない男は救済するには値しない」とし助命嘆願を拒否。05年12月13日に、薬物注射による死刑が執行された。スヌープはこのことを深く根に持っており、アーノルドに対して強い憤りを抱き続けているとされてきた。その抑え続けてきた怒りが、今回のエステバン釈放報道を見て、一気に噴き出したのだろう。

 このスヌープの動画を記事にした米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」には、2,000を超えるコメントが集まっているが、「トゥッキーは強盗殺人だけではなく、ギャング抗争で死んだ大勢の死の責任者でもあるし……エステバンは1人しか殺してないから、比較にならないのではないか」「アーノルドが友人のために殺人犯を減刑したことは間違っているが、それとこれとは別問題なのでは」「アーノルドが人種差別主義者とは思えない。そこまで頭が回るわけない」など、スヌープの怒りを理解できない人が多いようである。

 スヌープだが、一連のアーノルドディス動画を投稿した後、気持ちを落ち着かせるためにマリファナを吸ってハイに。スタジオで上機嫌で踊る動画を披露し、いつもの「スヌープおじさん」に戻っていた。

 政治や人種、死刑の是非が複雑に絡まり合う問題のため、簡単にはスヌープの怒りは収まりそうにないが、今後、事あるごとにアーノルドをののしることになるだろう。

シュワちゃんは俳優だけやってればいいの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!