[ジャニーズ・メディアの裏側]

Hey!Say!JUMP・中島裕翔、吉田羊と“強制破局”済み!? ジュリー激怒の熱愛スクープ舞台ウラ

2016yuto_car.jpg
7連泊ってそれ一緒に住んでるよね?

 11日発売の「週刊ポスト」(小学館)で熱愛を報じられたHey!Say!JUMP・中島裕翔と吉田羊。歳の差約20歳という意外な組み合わせだけに、ネット上では発売前から大反響を呼んでいたが、2人は同誌の発売を待たずして「強制破局」させられていたようだ。

 誌面には帽子やマスクなど“完全防備”する2人のツーショットが多数掲載されており、共通の知人であるバーのマスターの紹介によって出会ったことがつづられている。また、双方ファンにとって最もショックであろう事実は、中島が吉田の自宅マンションに“7連泊”もしていたという点だ。

「双方事務所とも、お決まりの交際否定コメントを出していますが、これだけ書かれていて『役者仲間』はかなり苦しい言い訳です。通常であれば『半同棲中』と書かれてもおかしくないところを、“連泊”で済ませてもらったのは、小学館サイドによる温情なのでは」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズ注目の若手、そしてCM女王である吉田というだけに、各メディアも取り扱いに困るネタ……とみられてはいたが、どうやら今回の記事に、“ジャニーズ圧力”はかからなかったようだ。

「ここ数年、俳優仕事が増えている中島は、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長から寵愛を受ける所属タレントの1人なんです。しかも現在は、3本の指に入るかという程の“スペオキ”。隠れて有名女優の家に通っていたことに加えて、週刊誌に証拠をつかまれてしまったことに、相当おかんむりだったようです。それなのに記事を潰さなかったのは理由があるのでしょう」(同)

 通常であれば、ジャニーズサイドは、蜜月関係である「週刊ポスト」の発行元・小学館上層部に働きかけ、記事自体を握りつぶすことも可能といわれる。にもかかわらず、あえて報道させ、さらにスポーツ紙だけでなくテレビの情報番組にも後追い報道を許可したのは、「交際をきっぱり否定し、今後もう二度と報道されないようにするためと考えられます」(同)という。

「記事化の一報を受けた時点で、中島と吉田は『もう二度とプライベートで会わない』というルールを飲まされたはず。あえて後追い報道を許可したのも、ヘタに圧力をかけるよりも一瞬の花火で終わらせた方が、被害が広がらずに済むというもくろみでしょう。また、中島にお灸を据えるという意味合いもあるはず。ちなみに吉田側は、初の異性スキャンダルに大慌てのようで、窓口での対応も現在はストップしています」(同)

 なお、吉田は「週刊ポスト」発売を前に、ブログのコメント欄を閉鎖して“逃亡”。年下キラーを公言するだけに、中島は理想のお相手だったのかもしれないが、公私共に厳しい制限が課せられる“芸能界の洗礼”に何を思うのだろうか?

ジュリー怒りのデスロードですな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!