【うわさの会見場から】

「頭がパッパラ~パッパラ~!」「空飛びたい」三船美佳、“離婚ハイ”すぎてマスコミドン引き!

2015mifunemika.jpg
三船美佳オフィシャルブログより

 タレント・三船美佳が7日、都内で行われた映画『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』の全世界大ヒット記念トークイベントに出席した。かねてから望んでいたTHE 虎舞竜のボーカル・高橋ジョージとの離婚が3月29日に成立したばかりで、離婚会見後初めて公の場に登場。当然、会場には多くのマスコミが取材に訪れていたが、三船のおかしな言動の数々に「大丈夫か……?」と、心配とドン引きの声が上がっていたという。

「離婚できたのがよっぽどうれしくてたまらないのか、周囲が引くほどにとにかくハイテンション。ギラギラした目で『なんだか眠れなくて、頭がパッパラ~パッパラ~!』『私も空を飛びたい』『守りたいものは……自分っす!』など、迷言を連発。とにかくヤバいテンションでしたね。かと思えば、映画のPRコメントを突然中断して無言になってしまったりと、不安定な様子でした。会見に同席していたバイきんぐ・小峠英二には『大丈夫ですか? 言動が支離滅裂。1回、病院に行った方がいい』と、半分本気でツッコまれるほどでした」(芸能ライター)

 “離婚ハイ”状態の三船だが、報道陣から映画のストーリーに絡めて「三船さんも決着がついてよかったですね」と振られた際には「ありがとうございます!」と満面の笑みで答えたという。一方、一部で報じられた財産分与や都内の自宅売却についての質問には無視を決め込むという態度で、記者たちの心証を悪くしてしまったようだ。

「娘が傷つくことは言いたくないとしながらも、離婚会見で離婚できたことを『勝利』と表現したりと、喜びが前面に出ている今の様子を見ていると、高嶋政伸を思い出してしまいますね。ただ、高嶋は美元と離婚できた喜びが、仕事にもプライベートにも良い方向に向かった印象。1年10カ月のドロ沼離婚裁判を経ての協議離婚で、ストレスからの激太りも報じられましたが、離婚成立後は憑き物が落ちたような晴れやかな表情に戻り、徐々に元通りの体形に。昨年には再婚もして幸せそうです」(同)

 三船も今の浮かれっぷりが、高嶋のようにプラスに働けばいいのだが……。

離婚を「勝利」と呼ぶワードセンスが味わい深い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー