男性の「挿入でイカせたい願望」を立てながら跳ね飛ばす方法

◎挿入でイカせたがる彼にもっと手マンをしてもらうには?

<qiqiさん>47歳/女性

 ロリルミさんこんにちは。いつも、私も勉強させてもらいながら読んでいます。それで、思い切って相談することにしました。

 私はセックスのスタートも遅ければ、性に対する恥ずかしさも強くあり、男性と上手く付き合うことは難しい時間をずっと過ごして来ました。しかし、今の彼と出会って心も身体も素直になることが出来、遅ればせながらやっと“イク”という感覚も掴めました。本当に彼には感謝しています。

 彼は54歳。調子の良し悪しもあります。でもそんな時はクンニやクリへの刺激で満足させてくれます。ただ、「今、指を中に入れて欲しい」っていうタイミングに入れてくれないのです。

 彼にとって「指でイカす」ということに抵抗があるらしく、あくまでもナカは「自分のモノでイカす」というこだわりがあるようなんです。何度か「今、入れてみて」と、雰囲気に合わせて言ってるのですが、3回に2回はスルー。やっと指を入れてくれて私がイッてしまうと「指のほうがいいの?」とちょっと悲しげなんです。

 彼の信念? みたいなモノを傷つけずに、指を使ってもらうにはどうすればよいでしょうか?

---------------------------------------

 qiqiさん、いつもコラムを読んで下さってありがとうございます!

 qiqiさんの彼のように「イクなら俺のちんちんで!」という男性って少なくない気がします。面倒くさいですよね。こちらとしてはイケれば何でもいいし、イケる確率の高いほうでお願いしたいところなのに。

 ただ、もし自分が男性に「挿入よりも手コキのほうが気持ちいいから、手コキを重点的によろしく!」と言われたら結構ショックかもしれません。手マンや手コキなどのテクニックは練習次第で変えられても、ちんちんやまんまんは簡単には変えられないし、言うなれば自分の個性でもあるので、それを否定されたら悲しいのかもしれませんね。

 そもそも、「調子の良し悪しもあります。でもそんな時はクンニやクリへの刺激で満足させてくれます」とありますが、挿入ナシ=挿入でイカせることができない状況なら、尚更指でイカせてくれてもいいじゃないですかね! もしかして彼としては、次回挿入するまでおあずけ☆ 的な、じらしプレイをしているつもりだったり?

 いずれにしても、どうしても彼は「挿入で一番感じてくれるqiqiさん」を求めているようなので、あくまでも挿入が気持ちいいことを全面に出した上で「手マンと挿入時の感覚がすごく似ている」と伝えてみるのはどうでしょうか? ちょっとエッチな言い方をすれば、「あなたの指ってちんちんみたい!」とか。AVみたいな言い回しですけど、セックスが盛り上がってる時ってこういう赤面ワードもOKだったりしますよ。そうすれば、彼も「俺の手マンは挿入並の実力があるんだ!」と感じ、積極的に手マンしてくれるようになるかもしれません。

 あとは手マンしてほしいタイミングがきたら、自ら彼の手をまんまんに誘導するのもアリ。私はいつもそうしています! 「今ものすごく手マンを欲している」ことを行動で示して、彼が手マンをせざるを得ない状況を作りましょう。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー