ぬか喜びに終わりそうな気配も……

「EXOに復帰するに違いない!」元メンバー·クリスの“意味深発言”にファン歓喜

kris-insta.jpg
インスタグラムより

 所属事務所の韓国・SMエンターテインメントとの契約解除を求め、裁判で係争中のEXOの中国人メンバー3人について、中国メディアはこれまで複数回にわたって彼らの復帰の可能性について言及してきた。サイゾーウーマンでも先日、中国人メンバーの1人であるクリスが復帰に向けSMエンタと接触していることについて報じた(既報)。

 そんな中、EXOファンの間で話題となっているのが、クリスがインスタグラムに投稿した内容だ。3月31日、自身の写真とともに「say hello to Kris.」というコメントを残したクリスだが、2014年5月にEXOから脱退を宣言して以降、中国では「呉亦凡(ウー・イーファン)」という本名で活動していた。「Kris」という名前はもともと、EXO結成時にSMエンタから与えられた芸名だからだ。

 そのため、クリスというEXO時代に使用していた名前を本人が強調して使用したことについて、「KrisってEXO時代の名前だよね! おかえりKris!」「コメント見てうれしくて泣いちゃった」「呉亦凡ではなくKrisと呼べる日をずっと待ち望んでいた」などなど、日本や中国のSNSではファンから喜びのコメントが上がっている。

 一方で、一部のファンからは、「彼の微博(中国版Twitter)には何も書かれていない。ただ単に中国人以外のファンが読みやすいようにKrisと書いただけ」「EXO時代よりいい環境で仕事にも恵まれているのに今さら復帰する理由がない」など、復帰の可能性に否定的な意見も少なくない。

 アジア圏のアイドル事情に詳しい香港駐在の大手紙記者は次のように分析する。

「先日、韓国を訪問したクリスは、SMエンタ関係者と復帰に向けて話し合いをしたと中国メディアは大きく報じました。今回のこのタイミングで、あえてインスタグラムにEXO時代の芸名であるKrisという名前を積極的に使用していることを見ると、SMエンタとの話し合いの結果は悪くなかったと予測できます。中国で有名になってしまったこともあり、金銭的にも、活動の縛りに関してもクリスにとってかなり有利な条件だったのでは? ただ、電撃復帰があるにしても、クリスは現在中国での仕事が多忙を極めており、もう少し時間がかかるのではないか」

 クリスのEXOへの復帰を待ちわびるファンからすれば、今後の動向から片時も目が離せない日々が続きそうだ。
(広瀬賢)

冴え渡るオタの推理力

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー